(イメージです。)
 
1すらいむ ★2018/06/07(木)12:04:17.71ID:CAP_USER.net
「景気が悪化しつつある」 国内外から警告音聞こえる韓国経済

 韓国経済の将来に相次いで警告音が鳴っている。
 「今も3%の成長経路を維持している」という政府の公式立場にもかかわらず、「景気が悪くなりつつある」という国内外研究機関の分析が相次いでいる。

 世界銀行は6日、「先進国の経済が停滞し、主要原材料輸出国の回復が弱まり、今後2年間、徐々に世界経済成長が鈍化する見通し」という内容の「世界経済展望」を発表した。
 世界銀行は世界経済成長率見通しを今年3.1%を経て来年3.0%、2020年には2.9%になるとした。

 世界経済成長率の鈍化はそのまま韓国の輸出と成長率の鈍化につながる。
 すでに主要研究機関は韓国の経済成長が悪くなりつつあるという診断を下している。

 現代経済研究院は3日、「4-6月期に韓国経済が景気低迷局面に入った」と明らかにした。
 景気は底点から回復期と好況期を経て頂点に達した後、後退期と沈滞期を経て再び底点に戻るが、すでに後退期を越えて沈滞期に入ったという。
 国民経済諮問会議の金広斗(キム・グァンドゥ)副委員長が「景気低迷局面の入り口段階にある」と明らかにしたていたが、そこからさらに一歩進んだのだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

中央日報 2018年6月7日 7時1分
http://news.livedoor.com/article/detail/14827478/