(イメージです。)
 
1ガラケー記者 ★2018/06/06(水)13:25:13.34ID:CAP_USER.net
 「当社が先に発売した。類似商品が後から登場した」(LG生活健康)
 「当社の発売時期は後だが、真似はしていない。独自開発した商品だ」(愛敬産業)

 練り歯磨き業界1-2位のLG生活健康(シェア40%)と愛敬産業(同20%)が最近、4週間の差で発売したヒマラヤ岩塩商品をめぐり、神経戦を展開している。口腔内の健康に良いとされるヒマラヤ岩塩を配合した商品コンセプトだけでなく、パッケージデザインも酷似しているからだ。両社はどちらがどちらのコンセプトを真似たのかを社内・社外的に追跡する一方、法的紛争に備え、大手法律事務所の助言も受けている。

■練り歯磨き業界両雄に戦雲

 LG生活健康は3月7日、「ヒマラヤピンクソルト入り練り歯磨き」を発売した。それに先立ち、1月23日には食品医薬品安全処(食薬処)から許可を取得した。4週間後の4月2日、愛敬産業が「2080ピュアマウンテンソルト」を発売したことで、対立が生じた。愛敬産業は2月8日に食薬処の許可を取得した。両製品はパッケージも似ている。ヒマラヤの山並みが描かれているだけでなく、機能によって水色とピンク色の2種類があるのも同じだ。

 これについてLG生活健康は「あまりに似た商品が発売され、コンセプト企画案やパッケージデザインが流出した経緯はないか社内で調べている」と説明した。愛敬産業は「食薬処に許可申請書を提出する以前から商品コンセプトとパッケージを開発していた」と主張した。

 ただ、価格だけは異なる。練り歯磨き100グラム当たりの価格はLG生活健康が54.5ウォン(約5円60銭)、愛敬産業は21.9ウォンだ。業界関係者は「類似製品が発売された直後に攻撃合戦に陥るのは珍しい。ヒマラヤソルト入りの練り歯磨きは既にブルガリア、米国などで市販されている」と話した。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
2018/06/06 10:35
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/06/2018060600685.html
 
=管理人補足=
ソース元に画像あります。