経済 韓国 サムスン 

1
:2014/07/19(土) 19:56:24.43 ID:
サムスン&グーグルの連携に異変!?

 世界のスマートフォン(多機能携帯電話端末)市場で最大のパートナー関係にあるサムスン電子とグーグルの間に不穏な空気が漂っている。サムスンが基本ソフト(OS)の独自開発に乗り出すなど、これまでの極端なグーグル依存から脱却する動きを見せていることに対し、グーグルがあからさまに不快感を示しているのだ。

 サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は最近、米国アイダホ州のリゾート地、サンバレーで開催された国際会議「アレン&カンパニー・カンファレンス」でグーグルのラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO)と顔を合わせた。

 ペイジCEOはこの席で、サムスン電子がグーグルのスマートウオッチ用OS「アンドロイド・ウエア」を一部製品にしか搭載しないことについて強く抗議したという。現地メディア「ジ・インフォメーション」や「ビジネスインサイダー」などが17日付で報じた。

 サムスン電子はこれまで4種類のスマートウオッチを製造しているが、このうちグーグルのアンドロイド・ウエアを搭載するのは1種類だけ。ペイジCEOは、サムスン電子がインテルと共同開発したOS「Tizen(タイゼン)」をスマートウオッチ2種に搭載したことについて大きな不満を示したという。

 李副会長とペイジCEOが話す場面を目撃した人は「二人の間には緊張感が漂っていた」と話した。サムスン電子が昨年発売した初のスマートウオッチ「ギャラクシーギア」についても、開発時にグーグルが「われわれがスマートウオッチ用OSを開発しているので、製品発売を急がず、待っていてほしい」と要請していたという。

 だが両社とも公式には「協力関係には何ら問題はない」と説明している。サムスンの関係者は「調整の過程でささいな衝突はあるだろうが、それは問題解決に向けた過程にすぎない」と語った。グーグルのアンドロイドを担当するスンダー・ピチャイ上級副社長も最近のインタビューで「サムスンとグーグルは長期的なパートナー関係にあり、一緒にやらなければ素晴らしい製品は作れないという点で同意している」と述べた。アップルとの特許紛争を抱えているサムスンが、すぐさまグーグルという強力な後ろ盾を手放して独自の道を歩むのは困難とみられる。

 グーグルはサムスンに対し、グーグルが開発中のアプリと重複するプログラムを開発しないよう求めており、サムスン電子はすでにこの要求を受け入れた。サムスンがスマートフォンに標準機能として搭載する自社開発のソフトウエアの割合を減らしたのもこのためだ。

イ・インムク記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/07/19 09:36
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/19/2014071900547.html