1:2014/07/16(水) 13:07:11.32 0.net ID:
9227764b.jpg 
オークションズ・アメリカのHP。トップを飾るのはスカッド・ミサイル。もちろん「For Sale」。
6d700f37.jpg  
最高額での落札が予想されていたドイツ4号戦車H型
19c140ea.jpg  
最高額で落札された8トンハーフトラック
d88c872e.jpg  
スカッドAミサイル発射車両
bc6a5bfa.jpg  
M3A1スチュアート軽戦車
4f3f255c.jpg  
大物の203ミリ自走砲「PION」


世界最大級の戦車コレクションを擁していた米国カリフォルニア州の「軍用車両技術振興財団」(Military Vehicle Technology Foundation/MVTF)の保有戦車約80台を含む軍用車約120台が11~12日、現地でオークションにかけられ、世界中のマニアがレア物ゲットを目指して熱い“戦い”を繰り広げた。

オーナーにして究極の戦車マニアだったジャック・リトルフィールド氏が亡くなったことによるもの。最高落札額は第二次大戦でドイツ軍が使った8トンハーフトラックで120万ドル(約1億2千万円)。全物件の落札額合計は1024万ドル(10億2400万円)にのぼった。

米スターズ・アンド・ストライプス紙(電子版)やAP通信などの報道によると、オークションに出品されたのはマニア垂涎の逸品ばかり。第二次世界大戦を戦い抜いたドイツ4号戦車H型を始め、M4シャーマン戦車の装甲強化型「シャーマン・ジャンボ」、四輪駆動車の代名詞ともいえるフォードGPWジープや、英国スタッグハウンド装甲車など第二次世界大戦で使われた実物がずらり。レオパルドやチーフテンといった東西冷戦期の戦車もある。

全文ソース
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140716/waf14071607000001-n1.htm