(イメージです。)
 
1たんぽぽ ★2018/05/25(金)18:27:39.03ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000071-wow-int
WoW!Korea

 25日午前、ソウル・光化門(クァンファムン)広場で2018Women PeaceWalk組織委員と関係者らが、予定通り米朝首脳会談を開催するよう要求するデモをおこなった。

 これを前に去る24日、ドナルド・トランプ大統領はホワイトハウスを通して、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長宛ての書簡を発表。来月12日に予定されていた米朝首脳会談を「適切ではない」として中止を発表した。

=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますがご了承下さい。
この動画ニュースは Posted : 2018-05-25 18:08 です。

ドア大統領「キム・ジョンウン・トランプ直接対話する必要が "...ホットライン通話は後で/ YTN
2018/05/25に公開

[アンカー]
ムン・ジェイン大統領は、北米サミット取消決定が非常に残念であるとし、トランプ大統領とキム・ジョンウン委員長の直接的な方法の対話を促しました。
大統領府はひとまず南北ホットライン通話を北朝鮮と米国の反応を見ながら慎重に進めることにしました。
イ・ジョンウォン記者です。

[記者]
ムン・ジェイン大統領はトランプ大統領の北米会談キャンセル発表直後にすぐに官邸で国家安全保障会議、NSC緊急会議を招集しました。

この席でドア大統領は、北米首脳会談が予定通り開かないようになって恥ずかしいらしく非常に残念だと明らかにした。

それとともに、朝鮮半島の非核化と恒久的な平和は放棄することも、先送りすることもない歴史的課題であり、問​​題の解決のために努力してきた当事者の心は変わらなかった説明しました。

南北首脳会談に続く韓米首脳会談で直接目撃した北米首脳の会談実現の意志を強調したもので、双方の非核化の板自体を接するうと意図はない解釈です。

特にドア大統領は、北米余分に問題の解決方法も注文しました。

今の疎通方式をもって敏感で難しい外交問題を解決するオリョプダミョ、両首脳が直接対話を通じて問題を解決くれ促しました。

午後に再び開かれたNSC常任委員でも、このようなドア大統領の注文が改めて強調された。

【ユンヨウンチャン/青瓦台国民疎通シニア:
常任委員会は、現在の状況を評価し、北米、通常の間の直接的なコミュニケーションが必要であることを確認しており、そのために必要な努力を続けていくことにしました。]

トランプ大統領のキャンセルの通知にも、北朝鮮側が、北米会談の意志を維持したことについては直接反応を出さなかった。

南北首脳間のホットラインを介してムン・ジェイン大統領が直接仲裁にアーサーも今こそないと判断して、慎重に推進することにしました。

北朝鮮の反応が比較的迅速に出てきたうえ、北朝鮮が比較的柔軟に対応した点は肯定的に解釈する雰囲気です。

青瓦台の立場は、ドア大統領が北米首脳間の直接対話を促したものと代えるし、しばらく他の説明もなく、双方の疎通状況を見守るという意味に解釈されます。

YTNイ・ジョンウォンです。