1:2014/02/09(日) 10:41:54.38 ID:
■ 我が国の初の紙幤

(写真)
3bf475be.jpg

我が国の初の紙幤である『戸曹兌換券』が競売に出ることが伝わり、ネチズンたちが大きな関心を見せている。

去る7日、貨幣収集専門業者であるポンサン・ファドン洋行は、「来る15日、ソウル・西大門区(ソデムング)忠正路(チュンジョンロ)のポンサンビルで、珍しい貨幤の競売を開く」と明らかにした。

今度の競売に出る戸曹兌換券は、去る1893年に発行された我が国の最初の紙幤だ。大韓帝国当時、高宗(コジョン)皇帝が経済近代化のために推進した貨幤改革の際に発行した貨幤だ。

しかし改革が失敗に終わって流通されることはなく、ほとんど焼却されて希少な紙幤が残っている。

戸曹兌換券は去る2010年に9250万ウォンで取り引きされたことがある。今度の競売でも同じような金額を記録することが予想される。

我が国の初の紙幤競売の消息に接したネチズンたちは、「歴史の痕跡だ」、「今度は誰が買うのか」、「大きな価値だね!」などの反応を見せた。

ソース:NAVER/東亞日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=020&aid=0002529857

(関連ニュース)
米国に持ち出された「戸曹兌換券」原版 韓国に返還へ
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=020&aid=0002529857
(写真)
24731e5b.jpg