(イメージです。)
 
1へっぽこ立て子@エリオット ★2018/05/08(火)16:03:06.29ID:CAP_USER.net
[北京 8日 ロイター]
 
中国政府は8日、日本との二国間通貨スワップ協定に署名することを明らかにした。朝日新聞に掲載された中国の李克強首相の寄稿文を引用する形で発表した。

首相は寄稿文の中で、日本の投資家に対して人民元適格海外機関投資家(RQFII)投資枠を供与するとの意向も示した。

中国政府は、李首相の寄稿文の中国語への翻訳版を公表した。

関連ニュース
「経済をもって政治を促す」取り組みを 李首相寄稿全文:朝日新聞デジタル(有料記事)

 中国と日本は互いにとって重要な近隣である。今や毎日何十便ものフライトが北京・東京間を行き来し、その飛行時間はたったの3時間余りに過ぎない。しかし、中日関係の改善と発展を推進する近年の道のりは、とても長かった。

 この度、招請に応じて第7回中日韓首脳会議に出席し、日本を公式訪問することは、私の中国国務院総理としての初訪日であり、中国総理による8年ぶりの日本への公式訪問でもある。今回の訪問を通じて、両国関係の長期的で健全かつ安定的な発展を推進していきたい。

 アジアそして世界において重要な影響力を持つ国である中国と日本が友好協力を強化することは、両国と各国人民の利益に合致する。近年、両国関係は紆余(うよ)曲折を経ており、各分野の交流と協力もその影響を受けている。常に思うのだが、世界第2、第3位の経済大国、そしてアジア最大の経済大国である中国と日本の関係が終始正しい軌道に沿って健全かつ安定的に発展すれば、両国人民により多くの幸福がもたらされるのみならず、北東アジアひいては世界の平和と安定、発展と繁栄をも一段と後押しできるはずだ。

 現在、改善の勢いを見せつつある中日関係は、正常な発展軌道に立ち戻る交差点にある。中日関係の未来はどこに向かい、我々はどう選択すべきか。歴史は我々に教えだけでなく、戒めをも与えてくれる。

 中日の交流史は2千年以上にわ…

 こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
https://www.asahi.com/articles/ASL573QJFL57UHBI00G.html

2018年5月8日 / 14:42
ロイター
https://jp.reuters.com/article/china-currency-swap-idJPKBN1I90F6