1荒波φ ★2018/04/23(月)10:36:57.02ID:CAP_USER.net
警察はTHAAD基地への資材搬入に反発する市民団体や地元住民の強制排除に乗り出した=23日、星州(聯合ニュース)

 
【ソウル聯合ニュース】

韓国軍当局は23日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」が配備された南部・慶尚北道星州郡にある基地の施設工事のための資材搬入を開始した。

国防部はこの日、メディアに配布した資料で「現在急がれている、星州基地に駐留する兵士の生活環境改善工事をこれ以上引き延ばすことはできないと判断し、警察と協力してきょうから工事に必要な人力、資材、装備の輸送を開始することにした」と明らかにした。

警察はTHAAD配備に反対して基地付近で座り込みを行っていた市民団体や地元住民らの強制排除に乗り出し、工事資材を搬入するための進入路確保に着手した。

国防部は12日にも兵士らの滞在施設工事のための資材搬入を試みたが、これら資材がTHAAD作戦運用施設の工事に使われることを警戒する市民団体や地元住民の反発により、ひとまず搬入を保留していた。

在韓米軍はTHAAD基地の工事現場を住民代表に公開するとの立場を示したが、市民団体は反発を続け、国防部との対話では接点を見いだせなかった。

同部は16日に「兵士の生活環境改善工事をこれ以上延期できない状況であり、対話を通じて円満に解決できない場合、必要な措置を講じるしかない」として資材搬入を強行する可能性を示唆した。

国防部関係者は「住民の意見を最大限尊重して可能な範囲内で民主的手続きを順守し、透明性を維持しようとしたが、これ以上対話を通じて円満に解決するのが困難な状況だと判断し、やむを得ず警察と協力して工事を始めることにした」と述べた。
 
2018/04/23 10:20
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/04/23/0900000000AJP20180423001200882.HTML
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますがご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2018-04-23 11:44です。

城主「サド基地」ランプ確保...すぐに工事機器搬入/ YTN
2018/04/22に公開

[アンカー]
慶北城主サード基地内工事機器や資材の追加搬入ランプが確保されました。少し前に基地内の車両進入が行われました。
警察が3時間でサド基地ランプを防ぎいたサード反対住民を解散させたのに続き、バリケードにインストールされた乗用車も値でした。

取材記者接続します。チェジャンス記者!
機器が搬入がいますか?

[記者]
城主サド基地に建設の機器と材料が追加搬入された。
さっき基地内のダンプトラックなどの車両10台入りました。

警察は、サード基地ランプのジンバト足にサド反対団体が設置した乗用車2台を少し前のすべて引き出し、ランプを確保しました。

バリケードでインストールされた乗用車は、サード反対団体の会員が乗ったまま車両の進入を反対するデモを行いました。

警察は、先進的な今日の午前8時10分ごろから、慶尚北道星州郡チョジョンミョンソソンリジンバト足を防ぎ、集会中のサード反対住民強制解散に入って1時間後に200人をすべて解散しました。

警察の強制解散の過程で、住民2人が怪我をして病院に移され、10人は軽傷を負った。

昨夜から足の入り口を防いだまま、一晩、警察と対峙していたサード反対住民と団体会員は、警察の強制解散に対抗して激しく抵抗しました。

サード基地ランプには警察3千人が動員され、車両の進入路を確保しました。

国防部は12日、城主サド基地に昨年11月に続き、工事機器や資材を追加搬入することにしたが、反対住民の抵抗にぶつかってかけ送らんでした。

国防部は、サード基地勤務将兵たちの生活環境の改善工事をよりは先送りすることができないと明らかにしているが、サード反対住民は、国防部が南北が平和協定を控えた時点で無理にサド基地工事を強行して冷戦を助長すると非難しました。

今まで大邱でYTNチェジャンスです。