音楽 音符

1
:2014/07/11(金) 11:26:41.72 ID:
欧州の音楽祭、韓国人アーティストが席巻

 「Kクラシック」がヨーロッパを魅了
 世界的音楽祭で韓国人声楽家3人がメーンキャスト
 英伊などからも招待多数

 今年の夏は「K-POP」ならぬ「Kクラシック」がヨーロッパの音楽祭を席巻する。韓国人声楽家がワーグナー・ファンの聖地として知られるドイツの「バイロイト音楽祭」(7月25日-8月28日)でメーンキャストをさらい、チョン・ミョンフン(漢字表記:鄭明勲)芸術監督率いるソウル市立交響楽団が世界最大の音楽祭と言われる英国の「BBCプロムス」にデビューする。これは、アジアの交響楽団としては日本のNHK交響楽団に続き2番目の快挙だ。チェリスト出身の指揮者ハンナ・チャンもカタール・フィルハーモニー管弦楽団を率いてBBCプロムスに参加する。

 バスのヨン・グァンチョル、チョン・スンヒョン両ソウル大学教授、バリトンのサムエル・ユンは
今年のバイロイト音楽祭開幕作『タンホイザー』をはじめ、全30回公演のうち24回にメーンキャストとして登場する。これは5日に4日という高い頻度だ。ヨン・グァンチョル教授は『タンホイザー』のヘルマン1世、『さまよえるオランダ人』のノルウェー船船長ダラント、『ワルキューレ』のフンディング役を務める。2012年に代役で『さまよえるオランダ人』のメーンキャストである船長役を演じ、実力を認められたサムエル・ユンは、今年も
この役と『ローエングリン』に出演する。チョン・スンヒョン教授は『ニーベルングの指輪』4部作のうち『神々の黄昏(たそがれ)』のハーゲン役を演じる。 

 チョン・ミョンフン芸術監督が率いるソウル市立交響楽団は、英ロンドンで行われるBBCプロムスにデビューすると同時に、イタリアのメラーノ音楽祭開幕公演、オーストリアのグラフェネク音楽祭の公演に招待された。指揮者キム・デジンが率いる水原市交響楽団はメラーノ音楽祭閉幕公演を務め、韓国交響楽団も同祭で公演を行う。さらに、女性指揮者のキム・ウンソンはイタリアのマチェラータ音楽祭でプッチーニの『トスカ』を4回指揮する。まさに「Kクラシック」は今、ヨーロッパで花盛りを迎えている。

文化部= 金基哲(キム・ギチョル)次長

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/07/11 11:18
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/11/2014071101353.html