経済 

1
:2014/07/10(木) 20:45:54.31 ID:
 韓国の金融業界に激しい風が吹き荒れている。生命保険業界ビッグスリーのサムスン生命、教保(キョボ)生命、ハンファ生命はこの10年で最大幅となる人員削減を実施した。株式取引量急減で収益基盤が崩れた証券業界も大々的な人員整理に出た。
 金融監督院によると第1四半期の韓国の証券会社従業員は3万9146人で1年前より7.5%減った。従業員数が3万人台に落ち込んだのは2008年第2四半期以降で初めてだ。構造調整の寒波は銀行にも広がっている。650人を希望退職させることにした韓国シティ銀行に続き他の都市銀行も名誉退職を検討中だ。金融業界は昨年から今年末までに整理される人材は最小で5000人に達すると推定する。1997年の通貨危機以降では最も大きい幅だ。

 金融業界が構造調整を進めている理由は収益性が大きく落ちたためだ。銀行が本業の預金と融資で得る利益を示す純金利マージン(NIM)は2009年第3四半期以降5年ぶりに1%台に落ちた。昨年第4四半期に赤字を出した証券会社は大規模な人材縮小のおかげで今年第1四半期はどうにか黒字に戻った。2008年に140兆ウォンを超えた株式型ファンド設定額は80兆ウォン以下に減った。
 2008年の金融危機の際に規模を拡大するため高金利の貯蓄性保険販売に熱を上げた生保会社は低金利の罠にかかり逆ざやに苦しんでいる。国税庁幹部は「2012年に金融業界全体が払った税金は11兆ウォンだったが今年は4兆ウォン程度と予想される」と話した。
 それだけ金融会社の利益が減ったという話だ。

 業績悪化に苦戦している韓国の金融会社と違い海外の金融会社は2008年の危機を克服し再跳躍中だ。英バンカー誌によると世界1000大銀行の税引き前純利益は9200億ドルで1年前より23%増加した。韓国の金融会社の業績がこのように振るわないのは「天水田」営業にだけ没頭するため核心競争力が後退したためだ。不動産担保ローンにばかり熱を上げた銀行は不動産価格の勢いが折れ低金利が長期化しても対応できない。循環人事と単一号俸制に縛られて高級人材確保も口先だけにとどまった。実力が足りないため海外進出にも消極的にならざるをえない。証券会社の委託売買依存比率も依然として50%を超える。韓国の損保会社はいまだに保険料率を海外保険会社から買ってくる。

 さらに金融持ち株会社で専門性のない天下り人事が繰り返されたため持ち株会社無用論まで拡大している。今後の見通しも明るくない。
 STXグループと東洋グループに続き今年も東部グループなど構造調整対象企業が相次いで待機している。金融産業は経済の心臓だ。
 心臓が丈夫でこそ経済各部門に血液(資金)が回り経済の活力が回復する。KCBのチェ・ボムス社長は、「日本が失われた20年を経験した裏にはリスクを抱えないようにした金融会社の事なかれ主義的営業があった」と話した。経済を回復させるためには金融産業から活気を吹き込まなければならない。
(中央SUNDAY第382号)

中央SUNDAY/中央日報日本語版 2014年07月08日10時42分
http://japanese.joins.com/article/458/187458.html