1豆次郎 ★2018/04/12(木)15:26:13.09ID:CAP_USER.net
4/12(木) 15:10配信
韓国・済州島で熱気球が墜落、1人死亡12人負傷

【AFP=時事】
 
 韓国南部の済州(Jeju)島で12日朝、熱気球が墜落し、1人が死亡、12人が負傷した。現地警察が明らかにした。


 警察によると、熱気球には観光客12人と操縦者1人が搭乗。操縦者は頭部を損傷し、その後死亡が確認されたという。警察は墜落の原因を調べている。

 聯合ニュース(Yonhap News)は救助隊員の話として「熱気球は急速に落下し、木々に突っ込んだようだ」と伝えた。

 また警察によると、乗っていた観光客12人は全員軽傷で、現在病院で手当を受けているという。警察は観光客らの国籍について明らかにしていない。【翻訳編集】AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000026-jij_afp-int
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますがご了承下さい。
この動画ニュースは、Posted : 2018-04-12 17:57です。
 
強風に熱気球着陸に失敗... 1人死亡・12人負傷/ YTN
2018/04/12に公開

[アンカー]
今日の午前、済州で観光客が乗った熱気球が墜落し、パイロットが死亡し、12人が負傷しました。

着陸していた熱気球が強い風に統制力を失って、複数回の床に弾いて木にぶつかりながら、事故が起きたと思われます。

バクチョルウォン記者が報道します。

[記者]
事故が起きた時刻は午前8時10分ごろ。

30分の間の飛行を終えて着陸を試みていた熱気球が強風に空しく押さ開始しました。

乱流に会った飛行機と同じでした。

高度を下げようと試みていた熱気球は、バスケットが防風林に時間がかかり、空気中にぶら下げられた、

慌てパイロットがキーを上げ辛うじて防風林から抜け出す瞬間さらに強まっ風は統制力を奪った。

【目撃者:着陸してから完全にはこちらで風に移った突然の風吹きながら再び超えていた。]

通常の着陸に失敗した熱気球がバランスを失ったまま、風に引きずられながら地面との衝突を重ねる間に12人の乗客の両方が出て落ちていきました。

パイロット55歳キム・ジョングクさんは怪我を負ったまま熱気球の中に発見された後、病院に搬送されたが、残念ながら亡くなりました。

事故点は、大きな道路から3~4㎞離れた林野地帯なので救助作業にも困難が続きました。

現場につながった道も土と砂利でできた未舗装の道路が独特のアクセスに時間を無駄にする必要がしました。

済州で熱気球死亡事故は今回が二回目。

19年前の1999年4月に開催された熱気球大会で一熱気球が強風に押されながら高圧線にかかって墜落して1人が死亡、4人が負傷しました。

YTNバクチョルウォンです。