(イメージです。)
 
1たんぽぽ ★2018/04/03(火)07:16:46.80ID:CAP_USER.net
http://www.recordchina.co.jp/b588920-s0-c30.html

2018年3月30日、華字メディア・日本新華僑報網は、2020年に開催される東京五輪のボランティアに在日中国人が積極的に参加を希望していると伝えた。

28日、東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都はボランティアの募集計画を発表。大会ボランティア約8万人、都市ボランティア約3万人の、計約11万人のボランティアを募集する予定だという。年齢は18歳以上で上限はなし。今年7月に正式な募集要項を発表し、9月中旬~12月上旬にネットで志願者を募集するという。

記事によると、在日中国人も大会ボランティアに興味を示しているそうで、留学生の劉健(リウ・ジエン)さんは、「2020年の五輪の時には、私は大学院生になっていると思う。中国語、日本語、英語ができるので、世界の半分の旅行者に対応できる。日本に来るのは中国人観光客が一番多いので、同胞のサポートができることにも期待している」と語った。劉さんによると、「周りのクラスメートもみんな一緒にボランティアに参加する予定」とのことだ。
 
(翻訳・編集/北田)