1:2014/07/06(日)18:37:02 ID:
2年ごとにアメリカ海軍が主催して実施される多国籍軍による海洋軍事訓練「リムパック(環太平洋合同演習)2014」が6月26日から開始された。今年は22カ国から海軍艦艇、航空機、水陸両用戦部隊などが参加して、ハワイのパールハーバー米海軍基地を本拠地として、ハワイ諸島や南カリフォルニアなどで、様々な海洋軍事合同訓練が実施される。

■中国海軍とアメリカ海軍の思惑
リムパックは1971年にアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの海軍による合同訓練として開始された。1980年からは海上自衛隊も加わり、それ以降は2年ごとに開催され、徐々に参加国を増やして今日に至っている。

総合的な海洋軍事訓練であるため、艦艇や航空機による海軍合同訓練とともにアメリカ海兵隊が参加する水陸両用戦訓練も実施されている。最近はアメリカ海兵隊だけでなく各国陸戦部隊も参加して、より総合的な海洋合同訓練へと変貌した。

■米側による集団的自衛権への配慮
1980年に海上自衛隊がリムパックに参加し始めた頃は、多国籍海軍の合同訓練への参加が集団的自衛権の行使に抵触するのではないか? との議論が国会でなされていた。そして、水陸両用戦訓練への自衛隊の参加を懸念する声も上がっていたようである。

リムパック2014での水陸両用戦合同訓練を主催するアメリカ海兵隊は、日本における集団的自衛権行使や集団安全保障に関する国際的に見て理解し難いほど非常識な慣行を十分に承知しているために、細心の注意を払っている。

例えば、アメリカ、カナダ、オーストラリア、韓国、ニュージーランド、マレーシア、インドネシア、メキシコ、トンガ、オランダの海兵隊や陸軍部隊ならびに陸上自衛隊部隊が参加して実施される水陸両用戦合同訓練に関する指揮統制系統図や部隊編成表などでは、陸上自衛隊部隊は司令部(アメリカ海兵隊)直属の別動部隊として扱われており、それも“実線”ではなく“点線”で結ばれている。これにより、陸上自衛隊部隊は、集団的自衛権を行使してはいないし、集団安全保障へも参加していないことになるわけである。もっともこのような苦労は今年で終わりということになるであろう。

>>2に続く

全文は日本ビジネスプレス
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41108

動画
画像
無9587題
無974587題無9744587題