(イメージです。)
 
1豆次郎 ★2018/03/13(火)09:21:20.72ID:CAP_USER.net
3/13(火) 9:11配信
 
中国の習近平国家主席が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と面談した際の席順が再び外交欠礼論争を呼んでいる。

12日午後、北京人民大会堂で行われた面談で、習主席はテーブルの中央上座についた。しかし鄭室長は習主席よりも格が落ちる下座につき、外見上、習主席主宰の業務会議に参加したような格好になった。

これは昨年5月、李海チャン(イ・ヘチャン)元首相が特使として訪中した時と同じ席順だった。当時は高高度ミサイル防衛(THAAD)体系問題で韓中間に葛藤があった時だったので、習主席が韓国の大統領を故意に冷遇したという指摘が出ていた。

習主席と鄭室長の面談の様子は、今月8日(現地時間)にドナルド・トランプ米国大統領と特使団が会った当時の様子とも明らかに異なっていた。ホワイトハウスのオーバルオフィスで鄭室長と会ったトランプ大統領は、鄭室長を自身と対等な位置に座らせた。文大統領と首脳会談を行った時と同じような様子だった。

また、習主席が昨年5月に日本の安倍晋三首相の親書を携えて訪中した二階俊博・自民党幹事長一行と面談した時の席順とも対照的だ。当時、習主席は二階幹事長と互いに対等な位置で向かい合って座って面談を進めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000007-cnippou-kr

 
=管理人補足=
韓国・中央日報の記事です。