(イメージです。)
 
1動物園φ ★2018/03/11(日)10:25:05.03ID:CAP_USER.net[1/2]
急に冷え込む日にはピリ辛パワーで体を温めよう! 韓国風麺料理5選

3/7(水) 16:30配信
レタスクラブニュース

「ヤンニョンスパゲッティ」

“三寒四温”という言葉の通り、春の気配を感じる日もあるかと思えばまだまだ気温が低い日も。寒い夜はホットな料理で体を温めたくなりますよね。そこで今回は、お隣・韓国からやってきた麺料理5選をご紹介。粉とうがらしやコチュジャンといったおなじみの調味料を使って、ピリ辛味に仕上げましょう。

■ ヤンニョンスパゲッティ(1人分516kcal、塩分1.7g)

https://image.walkerplus.com/news/article/139166/780109_615?x=615

【材料・2人分】

牛切り落とし肉 100g、玉ねぎ 1/4個、赤パプリカ 1/4個、万能ねぎ 5~6本、韓国のり(または焼きのり) 適宜、スパゲッティ160g、ヤンニョンジャン([材料は280ml分]しょうゆ 大さじ6、酒、マーマレード、白いりごま、ごま油各大さじ2、韓国粉とうがらし 大さじ1[または日本の一味とうがらし小さじ1/3]、おろしにんにく 2片分、おろししょうが2かけ分、長ねぎのみじん切り 10cm分) 大さじ2~3、塩、ごま油

【下ごしらえ】

1.ヤンニョンジャンを作る。しょうゆ、酒、マーマレード、白いりごま、ごま油、韓国粉とうがらし(または日本の一味とうがらし)、おろしにんにく、おろししょうが、長ねぎのみじん切りを混ぜる。

※冷蔵庫で約10日保存可能。

※ヤンニョンジャンを加熱調理せずに、料理の仕上げに回しかけて食べる場合は、大さじ2につき、電子レンジで10~20秒、ラップなしで加熱してから使用する。

【作り方】

1.スパゲッティは塩適宜を加えた熱湯で、袋の表示より1分短めにゆで始める。玉ねぎは5mm幅のくし形に、パプリカは横薄切りに、万能ねぎは5cm長さに切る。

2. フライパンにごま油少々を熱して玉ねぎとパプリカを炒め、油がなじんだら、牛肉を加えてさっと炒める。

3.ゆで上がったスパゲッティはざるに上げて湯をきり、2のフライパンに加える。ヤンニョンジャンを回しかけて全体にからめるように炒め、万能ねぎを加えてさっと混ぜる。器に盛って、好みでヤンニョンジャンを回しかけ、のりをちぎってのせる。

ヤンニョンジャンは韓国でよく使われる万能だれ。保存がきくので多めに作っておき、他の料理に活用してもOKです。辛いものが好きな人は盛りつけ後に“追いヤンニョンジャン”をすれば、より刺激的な味わいに。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180307-00139166-lettucec-life