1動物園φ ★2018/03/10(土)10:59:24.53ID:CAP_USER.net[1/2]
韓国食品業界で花咲く「桜マーケティング」(1)
2018年03月08日09時25分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

コカ・コーラの春限定の「桜デザイン」(写真=コカ・コーラ)


早春だが、流通業界ではすでに花を咲かせている。春のシンボルとされる桜の花を製品に活用した、いわゆる「桜マーケティング」だ。

桜マーケティングが最も活発なところは飲食品業界だ。コカ・コーラは最近「スリムボトル桜デザイン」を発表した。味は既存のコーラと同じだが、250ミリリットルのプレミアムパッケージに桃色の桜の花を描いて5月まで販売する。コカ・コーラはこれまで季節ごとにさまざまな限定版を発売した、韓国製品に桜デザインのボトルを出したのは初めてだ。

味にも桜の花を活用する。スターバックスでは2014年から春ごとに「さくらブロッサムプロモーション」を進めてきた。今年も実施する。桜の花を粉にして入れた飲み物をはじめ、デザートや記念品を販売する。製品は少しずつ違うが、中国と日本でも同じマーケティングを行う。花が咲く時期に合わせるため国ごとに販売時期は違うが、今年韓国では3月第3週目に出す計画だ。

韓国のコーヒー専門店イディヤコーヒーで今春初めて発売した「さくらラテ」はホイップクリームの上に既存のメニューには入れたことのないラズベリーホワイトチョコレートをのせて桜の花びらを演出した。イディヤコーヒーのユン・ヒジョン・マーケティングチーム長は「昨年はチョコレート飲料で春限定のメニューを初めて出したが、前年の春に比べて売り上げが17%増えた」とし「今年は春とふさわしい華やかな色で視覚的な効果も与えるために桜の花を素材にした」と説明した。

コンビニエンスストアにも桜マーケティングが真っ最中だ。GS25は8日から飲み物「ユアース桜スパークリング」を販売する。ウリコッ研究所で桜の花びらで作った桜の花抽出液を入れた。昨年3月末に30万個を限定生産したが、4月初めに品切れになり50万個を追加生産した。それも1カ月も経たないうちに全部売れた。今年は炭酸飲料以外に青ブドウエイドに桜の花抽出液とナタ・デ・ココゼリーを入れた製品をさらに発売した。それぞれ100万個ずつ限定販売してGSスーパーマーケットでも売ることにした。GSリテールのキム・ドギョン飲料MDは「日本と違い、韓国では桜祭りは多いが関連商品やマーケティングはほとんどなかった」とし「国内でも良い反応を得ることができないかと考えて導入した」と発売の背景を説明した。

http://japanese.joins.com/article/335/239335.html