1: HONEY MILKφ ★ \(^o^)/ 2018/03/07(水) 09:40:51.42 ID:CAP_USER
・韓銀が1月の国際収支暫定値を発表
・サービス収支も『史上最大』の赤字
・経常収支、48カ月ぶり最低黒字

(グラフ=旅行収支赤字の推移)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

今年の1月に海外旅行をした(韓)国内人が過去最大だった反面、ウリナラ(我が国)を訪れた外国人が減少した事が判明した。これによって旅行収支は史上最大の赤字を記録した事が分かった。

韓国銀行が6日に発表した2018年1月の国際収支暫定値を見れば、1月の旅行収支は21億6000万ドルの赤字を記録した。歴代で最も多い赤字である。これまでの最大赤字は2017年7月(17億9000万ドル)だったが、6ヶ月でこれを塗り替えたのである。

これは海外出国者数が基調的に大幅に増えている一方、国内入国者数があまり回復していないからである。1月の海外出国者数は286万7000人だった。前年同月対比22.4%増加して歴代最大である。イ・ジョンヨン韓国銀行経済統計局課長は、「出国者数の増加率は最近継続して二桁数を見せている」とし、「国民の所得が増えて海外旅行が自然になっただけでなく、低価格航空会社ができてオンラインを通じたホテル予約も簡単になるなどアクセスも良くなった。1月にウォン高になった事も海外旅行を増やす事に影響を与えたと見ている」と話した。

一方で国内入国者数は逆に減少した。1月の入国者数は95万6000人だった。前年同月対比21.7%減少した数値である。前月(12月)と比較しても15.7%減少した。これは中国人観光客数が予想より回復しなかった影響が大きかった。 昨年、中国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)報復で中国人団体観光客が減少した。その後、昨年11月末に中国当局が韓国行きの団体観光を一部許可し、中国人観光客が回復すると見込まれたが、予想よりも回復傾向が弱かったのである。

イ課長は、「昨年11月末の件で次第に中国人観光客が増えると予想していたが、翌月12月に再び中国当局が韓国行きの観光を禁止して再び許容するなど、韓国行きの観光を全面許容する兆しが見えなかった」とし、「このため中国内部で韓国行きの観光に対する広報を減らし、中国人観光客数が低調だった」と話した。

旅行収支が歴代レベルで不振になると、サービス収支も史上最大の赤字となった。1月のサービス収支は44億9000万ドルの赤字だった。最近の最大値だった昨年(2017年)12月の37億7000万ドルの記録を1ヶ月で更新した。

(以下略)

ソース:NAVER/イーデイリー(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=018&aid=0004049479

引用元: 【韓国】「外国人が韓国に来ない・・・」~旅行収支赤字『史上最大』[03/06]