(イメージです。)
 
1: 動物園φ ★ \(^o^)/ 2018/03/07(水) 09:18:32.46 ID:CAP_USER
(機械翻訳)

「日本のTV 62時間、韓国TV 18時間」平昌パラリンピック開催中継実話?

スポーツ朝鮮
2018-03-07 05:26

http://thumbnews.nateimg.co.kr/view610/http://news.nateimg.co.kr/orgImg/sc/2018/03/06/2018030801000465200031951.jpg

「平昌パラリンピックの成功が、オリンピックの完成である。」

平昌冬季パラリンピック100日前から、政府と平昌組織委員会が一斉に強調してき、一貫性のあるモットーだ。 平昌冬季オリンピックが期待以上の成功を収めながら、9日に開幕する平昌パラリンピックに向けた国民的期待も高まっている。

コスト、時間、天気など、いろいろな理由平昌五輪の現場を見つけられなかった彼らは「春の日」平昌パラリンピック外出を計画している。 パラリンピックは子供たちに障害者と非障害者の調和、差別と偏見のない社会、挑戦と勇気、スポーツの価値を一目で見ることができる貴重な教育現場である。 オリンピック熱気に後押しさパラリンピックオンラインチケットは早めに品切れになった。 去る5日のチケット残余分のオンライン販売サイトがオープンするやいなや主要競技のチケットがあっという間に売り切れた。 今平昌に行くことができない人々が「パラリンピック」に接することができる唯一の通路は、TV中継だ。

平昌五輪の熱気が熱かった先月20日、大統領府の国民請願サイトには「パラリンピック放送局の中継を請願し」という文が載ってきた。 「オリンピックは地上波放送3社すべて中継がパラリンピックは中継すらアンハンダヌンこと自体が障害者と非障害者に対する差別だと思います。」 平昌オリンピックの完成でなければならパラリンピック、TV中継はどうなるか。

6日の取材の結果、地上波3社開・閉会式を中継が試合の生中継を取りまとめて見ることは容易ではない見通しだ。 公営放送KBSは平昌パラリンピックに合計18時間20分を編成した。 10日障害者アイスホッケー韓日戦(午後3時30分?5時50分)、12日スノーボード(午後3?5時)、15日車椅子カーリングの中国戦(午後2時30分?5時)など期間私の7試合の生中継が決まっている。 MBCは17時間55分を編成した。 13日障害者アイスホッケー米国前(午前11時55分?午後2時)、15日アルペンスキー女子回転(ヤンジェリム出場、午後12時20分?1時35分)、16日バイアスロン男子15km試合(シンウイヒョン - イ・ジョンミンなど出展、午前9時45分?12時)など4試合の生中継を編成した。 SBSの場合、総編成時間17時間46分、現在の編成された生中継は単3回、6時間8分である。 13日バイアスロン(シンウイヒョン出場、午後9時55分?11時53分)、14日車椅子カーリング予選ノルウェーの前(午後2?5時)、15日アルペンスキー女子回転2次の時期(ヤンジェリム出場、午後12時25分?午後1時33分)などである。 生中継はシンウイヒョン、ヤンジェリムなどのメダル候補と車いすカーリング、障害者アイスホッケー一部試合に偏ったし、当日試合のハイライトと録画放送はほとんどの視聴者がぐっすり眠っている午前1?2時に偏重された。

資本の論理、市場の論理では、説得不可だ。 結局何が価値があることなのか、行くべき方向はどこなのか、何をするかの選択や判断、価値観やビジョンの問題だ。 これと関連し、障害者体育関係者は「4年前ソチオリンピック、2年前に劉オリンピックに比べると生中継が取れただけでも、大きな変化」と努めて上だったが、1988年のソウル五輪以来30年ぶりに自国で開かれるパラリンピックである。 冷静に見ても非常に不足した数値だ。

近所のスポーツ先進国との比較は、さらに骨痛い。 日本の公営放送NHKは平昌パラリンピック競技と関連したコンテンツの合計62時間を組織した。 4年前のソチ五輪の時、30時間38分で、なんと2倍以上増加した数値だ。 去る1月のメディアに配布した報道資料を通じて「NHKは平昌パラリンピックの試合をほぼ毎日生中継で放送する。 NHKが冬季オリンピックで、このような試みをしたのは今回が初めて」と発表した。 毎日午後アルペンスキー、スノーボード、バイアスロンなど日本選手たちのメダル獲得が有力種目を生中継して、毎日夜10時「パラリンピックタイム」プログラムを通じて試合結果とメダリストのインタビューを紹介する。 単純な量的膨張ではない。 質的向上は当然である。 「みんなのための放送(Broadcasts for everyone)」というスローガンを掲げて、すべての中継に視覚障害者のための聴覚放送、聴覚障害者のための手話放送を一緒にエクスポートし、障害者、健常者の両方を楽しむことができる「壁のない放送を目標とした。

http://news.nate.com/view/20180306n43072?mid=n1007

引用元: 【話題】韓国、パラリンピックに関心なし テレビ放送時間 KBS18時間 NHK62時間