1HONEY MILKφ ★2018/03/04(日)13:59:19.77ID:CAP_USER.net
(写真)


毎日事件事故が起きている。誰かが怪我をしたり亡くなったり、誰か警察に逮捕されるニュースがほぼ毎日伝えられている。多くの場合、事件事故は個人の怒りから始まる。放火犯、殺.人.犯などの犯罪者のうち、警察に『腹立ちまぎれに犯行を起こした」と供述する人々がいる。

4日、インターネットのポータルで『腹立ちまぎれに』を検索すると、3万4000件以上のニュースが検索される。重複する事件事故と関係ないニュースもあるが、大部分が「腹立ちまぎれに犯行した」という被疑者の供述を基にした警察 ・検察 ・判決文などの事件事故ニュースだ。

先月28日、ソウル 江西区(カンソグ)のある帽子工場で発生した火災は、夫婦喧嘩をして腹を立てた50代の男が自分の工場に火をつけた事が分かった。

先月18日、慶南(キョンナム)密陽(ミルヤン)では夫婦喧嘩の途中、怒りを抑えられなかった20代の男が生後10ヶ月の息子を投げて殺.害.し、拘束される残酷な事件が発生した。

1月20日未明、ソウル 鍾路区(チョンログ)にあるソウル荘旅館で発生した火災の原因も、腹立ちまぎれに起こした放火である事が判明した。警察の調査の結果、ユ某容疑者(53歳)は酒に酔った状態で旅館を訪れ、事業主に売春婦を呼んでくれと要求して断られると、すぐさま恨みを抱いて犯行を起こした事が分かった。この火事で宿泊客6人が死亡、4人が怪我をした。特に、全南(チョンナム)長興(チャンフン)からソウルに旅行に来たパク某さん(34 歳・女)と2人の娘が犠牲となり、悲しみを誘った。

消防庁によれば、去る1~2月に放火と放火の疑いで発生した火災はそれぞれ66件、98件である。2ヶ月間に発生した8693件の火災に比べれば少ない水準だが、放火はガソリンなどの引火性物質を使っているため、人命被害を生む可能性がある。消防隊員も消火しにくい。

昨年は383件の放火と515件の放火の疑いの火災が発生した。900件に近い放火だけを防いでも、大切な生命を救う事ができる。警察の関係者は“、「誰もが喧嘩や争い事で腹が立つ事がある」と言いながら、「いくら腹が立っても凶器を手にしたり火をつけるという、極端な選択は慎む必要がある」と話した。

先月18日は大邱(テグ)地下鉄火災惨事の15周忌だった。2003年2月18日午前、50代の男が大邱地下鉄中央路駅付近で電車にガソリンを撒いて火をつけ、192人が死亡、151人が負傷した事件である。追悼式で市民は提川スポーツセンター火災惨事と密陽病院惨事を思い浮かべ、「地下鉄惨事15周忌をきっかけに周囲を見回り、危険から自分を守る時間を作って欲しい」と願った。

ソース:NAVER/アジア経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=277&aid=0004190312