(イメージです。)
 
1たんぽぽ ★2018/02/27(火)10:44:32.32ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/smp/politics/news/180227/plt1802270015-s1.html

 河野太郎外相は27日午前の閣議後会見で、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が26日の国連人権理事会で、平成27年の日韓合意は元慰安婦救済に十分ではないと指摘した件について、韓国側に改めて合意の着実な履行を求めた。

 河野氏は会見で、「日韓合意は(慰安婦問題を)最終的かつ不可逆的な解決策として両国が合意したものだ。韓国政府がやらなければいけないことを着実に履行することが、そういうことにつながっていくと思う」と述べた。

 一方、北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長が米国との対話に意欲を示したが、「日米は緊密に連携しており、特に何か変わったことはない」と強調。その上で、北朝鮮との対話は「最終的かつ不可逆的に核とミサイルの放棄につながることを確認し、拉致問題の解決を見届けた上でのことだ」と語った。「北朝鮮の執行部は現状をしっかり認識し、そういう方向に前進してもらいたい」とも話した。

 また、米国のトランプ政権が、北朝鮮が洋上で船から船へ石油などを移し替えて密輸する「瀬取り」など、北朝鮮制裁に違反している船舶の監視強化のために沿岸警備隊の派遣を検討しているとの一部報道に関し、「国際社会全体として北朝鮮の制裁をしっかり履行していかなければいけない。日米韓にとどまらず、さまざまな国と協力していきたい」と歓迎した。

 米政府から沿岸警備隊派遣に関する事前説明があったかどうかには「外交上のやりとりでもあるので、今の段階で外に申し上げることはない」と述べるにとどめた。