(イメージです。)
 
1ダーさん@がんばらない ★2018/02/27(火)10:17:46.97ID:CAP_USER.net
抗ウイルス強者「キムチ」、インフルエンザ・疾病を予防する

インフルエンザウイルスの抑制効果を初めて立証

対象キムチの生産種菌特許、宗家キムチに適用

キムチのインフルエンザウイルスの抑制効果が初めて立証された中、包装キムチブランド「宗家」の大象(株)がキムチ乳酸菌を活用した新製品の開発に乗り出して注目を集めている。

大象はキムチの原料のうちネギと生姜が抗ウイルス効果が高いことが確認されたとし、インフルエンザウイルスの抑制に効果があるキムチ乳酸菌を活用して、新製品の開発に着手したと26日、明らかにした。

最近、キムチの摂取を介してインフルエンザを予防することができるという研究結果が出た。韓国食品研究院によると、キムチが新型インフルエンザ、鳥インフルエンザなどのインフルエンザウイルスを抑制することに有効であることが初めて立証された。韓国食品研究院と大象、世界キムチ研究所、高麗大学などの共同研究チームは、キムチの発酵過程に応じて3段階に分けて製造し、それぞれの試料をウイルス感染細胞や動物に投与してインフルエンザウイルスの抑制効果を確認した。2週間インフルエンザウイルスに感染したマウスを対象に実験した結果、キムチエキスを投与したマウスの生存率が、そうでないマウスに比べて30%以上高かった。

これに先立ち、2001年にはキムチ乳酸菌を活用した抗菌剤も開発された。「植物性乳酸菌発酵液ENT」は100%植物性原料である国産白菜を発酵して作られた天然の抗菌剤である。食品に害を及ぼす微生物が生成する物質から食品を保護する強力な抗菌効果があり、腐敗を誘発する微生物を抑制して食品の賞味期限を二倍に延長することができる。キムチだけでなく、飲料、健康機能食品、製菓、インスタント食品など、様々な食品に使用され、キムチ乳酸菌の活用地平を広げたという評価を受けている。

特に大象の宗家は昨年、農食品部と共同で韓国キムチの優秀な発酵能力と機能性を持ったキムチ乳酸菌を探索して選別する研究の末に、味が良く発酵能力に優れたキムチ発酵種菌「DRC1506」を開発した。大象はこれを「リューコノストック属メセンテロイデス宗家キムチ目」と命名し、キムチの生産種菌として特許出願しており、世界系統分類学会誌にも登録した。大象は新たに開発した菌株を、昨年2月から生産する宗家キムチのキムチ生産種菌に適用している。

これからキムチはインフルエンザなどの病気の予防だけでなく、肝機能の改善など腸の健康にも役立つことができる方向に研究の範囲が拡大される見通しである。

リュ・ビョンヒ大象中央研究所博士は「アメリカの健康専門誌「ヘルス」誌の世界5大健康食品に選定されたことがあるキムチは、それ自体で健康に役立つだけでなく、さまざまな研究を通して、無限の機能性素材を開発することができる天然原料」、「今後、健康機能性を極大化したキムチの開発を通じて、世界の人々の健康に責任を負うキムチとして定着できるように研究に拍車をかける」とした。

ソース:ヘラルド経済 2018-02-26 11:35(韓国語)
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20180226000508