1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/18 16:42:21.10 ID:CAP_USER.net
「おい!韓国が開催国だ」IOCの席で抵抗した大韓体育会の暴言

イ・ギフン体育会長が平昌冬季オリンピックの観覧席で国際オリンピック委員会(IOC)側が予約したVIP席を占拠したまま抵抗したことが知られ議論となっている。この過程で体育会の関係者に見られる人が「頭を使え」などと暴言を吐いたことが分かった。

16日、現場にいたある目撃者によるとイ会長は15日の午後3時30分ごろ、クロスカントリースキー女子10㎞競技が行われた平昌アルペンシアクロスカントリーセンターを訪れた。彼はオリンピックの関係者だけが利用することができる一種のVIP席のOF(Olympic Family)席に座った。しかし、この席はIOC側で既に予約をしておいた席だった。女性ボランティア2人がこのような事情を説明して他の席に移動するように要請したが、イ会長は席を移動しないまま抵抗した。この過程で体育会の関係者と見られる人がボランティアに「おい!」と三回大声で叫びながら「頭を使え」などと暴言を吐き、「IOCは大したことない」「韓国が開催国だ」などと発言したことが分かった。

 
去る15日、騒ぎが起きた平昌アルペンシアクロスカントリーセンターOF席。

このような事実は、平昌冬季オリンピックボランティアのフェイスブックコミュニティである「2018平昌冬季オリンピック大会の代わりにお届けします(ピョンデチョン)」にも上がった。現場にいたあるボランティアはピョンデチョンに「3分ほど引き止めても私たちの言葉を無視すると、IOC側の職員の一人が一緒に制止した」、「(イ会長は)トーマス・バッハ(IOC委員長)が来たら立つと言って、最後まで腕を組んで座っていた」と伝えた。また、「(騒ぎが起きた場所には)他のVIPが多く、そのボランティアは交代後に事務室に入り、大韓体育会側はその後もしばらくの間その場に座ったり、後ろに立っていたが消えた」、「ボランティアに対して謝罪は一度もしなかった」と説明した。この掲示板には「江陵スピードスケート場でも1万m競技の開始前に、大韓体育会の人が席を取っておく権限がない席にずっと座っていた」という書き込みがあった。

一方、クロスカントリーセンターOF席を予約していたIOC側の関係者は、騒動が発生した後30分ほど後に到着し、イ会長はようやく席を移ったことが分かった。

ソース:国民日報 2018.02.16 14:23(韓国語)
http://v.sports.media.daum.net/v/20180216142355524