(イメージです。)
 
1たんぽぽ ★2018/01/17(水)16:27:22.34ID:CAP_USER.net
http://japanese.joins.com/article/623/237623.html
2018年01月17日15時32分

バンクーバーで開かれた韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と日本の河野太郎外相による韓日外相会談では、両国間で葛藤となっている慰安婦合意関連の内容が話し合われた。

日本メディアのNHKによると、康長官から韓国政府の立場を聞いた河野外相は「韓国が日本にさらなる措置を求めることは全く受け入れることはできず、協議には応じられない」と述べた。

引き続き河野外相は、韓国人徴用被害者問題に関しても解決済みだとする日本政府の立場を改めて韓国側に伝え、特に慰安婦少女像設置に対しても「適切な対応を取ってほしい」と康長官に強く要求した。

康長官が安倍晋三首相の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)開幕式出席を要請すると、河野外相は「国会日程などを踏まえて検討することになる」と応じるにとどまった。

康長官が河野外相に説明した慰安婦合意関連の韓国側の立場に関連して、NHKは「日本側に合意の再交渉や追加の措置は求めないものの、問題解決にあたって日本側からの自発的で誠実な謝罪があればこれを歓迎するという立場を説明したもの」と伝えた。この日、45分間行われた韓日外相会談には通訳が同席せず、英語によって行われた。

一方、レックス・ティラーソン米国務長官はこの日の会見で、慰安婦問題について「非常に感情的な問題で、日韓だけが解決できる問題だ」とし「米日韓の安保協力には障害になっていない」と述べたと、日本時事通信が報じた。ティラーソン長官は「(韓国と日本は)さらに行うべきことがある」とし「両国がこの問題を乗り越えることを望んでいる」と述べた。