1:2014/06/29(日) 21:19:53.83 ID:
256b10c0.jpg 

中国のニュースサイト・中国新聞網は27日、「道端に捨てられた犬、2年間雨の日も風の日も主人の迎えを待ち続ける」と題した記事を掲載した。

台湾NOWnewsによると、台湾高雄市で2年前に道端に捨てられた犬が主人の迎えを待っている。雨の日も風の日もほぼ毎日、捨てられた現場にあらわれ、主人の姿を探し求めた。この犬の存在を知ったネットユーザーが写真を撮り、フェイスブックで紹介した。

近くの弁当屋のオーナーによると、半年前にはオートバイに乗った主人と思われる人物を見つけて追いかけたが、オートバイはそのまま走り去ってしまった。犬は後ろから走ってきた車に引かれて足を骨折、その後は足を引きずるようになった。

不憫に思った多くの親切な人が引き取ろうとしたが受け入れず、ひたすら元の場所で主人を待った。通報を受けた市当局が25日、犬を保護しようとしたが、頑としてその場から離れない。4時間かけてようやく保護に成功。その後の検査で犬はすでに病におかされていることが分かった。

2014/06/29 09:02
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/387309/
http://www.nownews.com/n/2014/06/26/1295697
http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20140625/422717/
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=916512825031979&set=pb.100000198093540.-2207520000.1403691867.&type=3&theater