1:2014/06/29(日) 15:19:36.10 ID:
0b3a628e.jpg 

6月27日、中国メディア・財経網が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントに投稿した北京の「踊るおばちゃん軍団」の写真が話題となっている。

オモチャのライフルを持った中年女性たちが行進し、ライフル片手に踊っている。ダンスのクライマックスには日本兵に扮(ふん)した男性が登場。女性たちは「日本兵」を包囲して銃口を向ける。「日本兵」が投降してダンスは終了だ。

この投稿は微博の「ホットな話題ランキング」で2位になるほど、ネットユーザーの注目を集めている。だが、意外にも中国人の反応は冷淡だ。

コメント欄は
「くだらない抗日ドラマの見過ぎ!」
「病気だ。治療してもらえよ」
「日本人が見たらなんて思うか…」
「文革はまだ終わってなかったのか!」
「吐き気がする」
「人類が中国のおばちゃんを制止することはもはや不可能」
「ただ恥ずかしいだけ」
批判的な言葉で埋まった。
(翻訳・編集/本郷)

ソース:レコードチャイナ<踊るおばちゃん軍団、今度は「抗日」テーマにダンス、ネットユーザーは
意外な反応―中国>