1: HONEY MILKφ ★ 2018/01/12 11:24:15.01 ID:CAP_USER.net
油で揚げないノンフライ麺市場が拡大している。

韓国国内全体のラーメン市場が約2兆ウォン規模で停滞している中、最近ノンフライ麺の成長傾向が目立っている。

12日、プルムウォン(Pulmuone)によれば、韓国国内のノンフライ麺のラーメン市場は2015年が629億ウォン規模で、その後毎年二桁成長している。

昨年は11月までに約880億ウォンを記録して、前年同期間よりも32%成長した。

ラーメンのオンシーズンである12月の売り上げまでを反映すれば、昨年のノンフライ袋ラーメンの市場規模は1千億ウォンに迫ると見込まれる。

プルムウォンはノンフライ麺市場の開拓に積極的に乗り出している。

プルムウォン食品は2011年、ノンフライ麺ブランドである『自然は美味しい』を発表した。

2016年に発売した『ユッケジャン・カルグクス(関連写真1)』という発売6ヶ月ぶりに2千万個販売されて人気を呼んだ。
(関連写真1)

 

 


プルムウォンは昨年、ブランド名を『自然は美味しい』を『生麺食感』に変え、近ごろ日本式ラーメンである『生麺食感・トンコチュラメン(豚骨ラーメン)』を発売した。

他の業者もノンフライ麺の新製品を継続して発売している。

農心(ノンシム)は『オルクン・ジャンカルグクス(関連写真2)』を発売して、三養(サンヤン)食品は『パドゥムプク・ユク・ケジャン(関連写真3)』を発売した。
(関連写真2)

 


(関連写真3)

 


ホームプラスは来る13日、全国110余りの店舗でノンフライ麺の特設売り場を設置するなど、流通業係もノンフライ麺市場に注目している。

約6兆ウォン規模である日本のラーメン市場でノンフライ麺の市場割合は2011年は5%に過ぎなかったが、25%台にまで拡大した。

プルムウォンの関係者は、「現在、韓国国内のラーメン市場も日本の2011年と似ている」とし、「まだノンフライ麺が占める割合は低いが、過去3年間の成長幅を照らしてみると展望は明るい」と話した。

(写真)


ソース:NAVER/ソウル=聯合ニュース(韓国語)

【韓国】Pulmuoneの『生麺食感』・・・韓国ラーメン業界初、日本式『豚骨ラーメン』発売![12/21]
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=001&aid=0009808234