(イメージです。)
 
1: 動物園φ ★ 2018/01/06 10:00:42.30 ID:CAP_USER.net
(朝鮮日報日本語版) 米ホワイトハウス、「文大統領100%支持」言及していなかった

1/6(土) 9:49配信 朝鮮日報日本語版

 米ホワイトハウスは文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ大統領の4日夜の電話会談後を受けて、5日の書面会見で「北朝鮮に最大の圧力を加え続け、過去の過ちを繰り返さないことで合意した」と明らかにした。これは、韓国大統領府の記者会見にはない内容だ。大統領府は「トランプ大統領は南北対話を支持した」という内容を中心に発表していた。外交関係者の間からは「大統領府は都合のいい内容だけを選んで発表しているのではないか」という声が上がっている。

■米発表には「南北対話」なし

 大統領府は韓米首脳による電話会談直後の4日夜11時30分ごろ、書面会見をした。「トランプ大統領は『南北対話実現を評価し、良い結果が出ることを希望する』と言った」という内容だった。また、「トランプ大統領は『南北対話の過程で我々の助けが必要なら、いつでも言ってほしい。米国は100%、文大統領を支持する』とも述べた」と伝えた。

 しかし、数時間後の5日未明、ホワイトハウスが発表した文には、「南北対話」という言葉やそれに対する直接的な言及はなかった。米国が強調した「過去の過ち」という言葉は、北朝鮮と対話をするたびにさまざまな恩恵ばかり与え、非核化へと誘導できなかった前例を指していると解釈できる。トランプ大統領はむしろ、北朝鮮は1994年のジュネーブ合意や2005年9月の共同声明などを発表しながらも、恩恵ばかり受けて核開発を続けてきたとして、北朝鮮の欺まんに満ちた交渉術に否定的な見解を持っている。

 韓米合同軍事演習を平昌五輪後に先送りすることに関する発表でも微妙な温度差があった。大統領府は「五輪期間中に韓米合同軍事演習を実施しないことで合意した」と述べたが、ホワイトハウスは「韓米の兵力が競技の安全性を保障することに集中できるよう、五輪と軍事演習が重ならないように(deconflict)することで合意した」とした。つまり、五輪期間中の安全保障に集中するための措置に過ぎないという意味で、「演習を実施しない」というのとはニュアンスが違う。米国国内には「韓米合同軍事演習の縮小・中止は対北朝鮮交渉のカードにならない」という世論がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000442-chosun-kr
 
=管理人補足=
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
 

この動画ニュースはPosted : 2018-01-06 08:50です。

スムガパトドン新年の最初の週...南北対話急流/ YTN
2018/01/05に公開

[アンカー]
昨年、北朝鮮の続く核開発に戦争の危機までチダトドン南北関係が新年に入って逆転しています。
わずか1週間で、過去2年の間に途絶えていた南北ネットワークが回復され、南北高位級会談が実現されたん。
目まぐるしく帰った新年の最初の週をガンジョンギュ記者がまとめてみました。

[記者]
変化は、北朝鮮、金正恩労働党書記の新年辞で始まりました。
平昌冬季オリンピック開催を契機に、まず会話を言及したのです。

[キム・ジョンウン/北朝鮮労働党書記:
私たちは、代表団の派遣を含む必要な措置をとる用意がありそのために、南北当局が早急に会うこともあるでしょう。]

韓国政府は、翌日すぐに南北高位級会談を提案した。

【ジョミョンギュン/統一部長官:
冬季オリンピックがした煎じ後に迫っ点を勘案して、1月9日に板門店平和の家でハイレベルの南北当局会談を開催することを北側に提案します。]

再び一日後、北朝鮮は板門店ネットワーク再起動を宣言し、最初に連絡してきました。

過去2016年2月、開城工業団地の閉鎖との両方途絶えていた南北間の通信線が23ヶ月ぶりに復元されました。

[リソングォン/北朝鮮祖国平和統一委員長:
会談の開催に関する問題を南側と適時に連携するように3日15時から南北間の板門店連絡通路を開通することに対する指示も与えている。]

北朝鮮の非核化のために、最大圧力を持続するという米国の牽制の中南北対話は、日中足踏みを歩くこともしました。

しかし、ムン・ジェイン大統領とトランプ米国大統領が電話で会話の必要性に共感し、平昌オリンピック期間韓米軍事訓練演技にも合意し、南北会談は、最終的に成功されました。

【ベクテヒョン/統一部スポークスマン:
北側からの伝統的なドアがきました。私たちが提案した1月9日に板門店平和の家会談提案を受け入れましたし。]

南北は、2年ぶりに開催されるハイレベル会談を準備するために、週末や休日にも接触を継続する予定です。

YTNガンジョンギュ[live@ytn.co.kr]です。
 

この動画ニュースはPosted : 2018-01-05 07:31です。
 
トランプ、南北対話支持...ホワイトハウス」米、北最大圧迫持続 "/ YTN

2018/01/04に公開

[アンカー]
トランプ大統領は韓米首脳間の通話に先んじても南北対話の再開では、歓迎の意を示しました。
ホワイトハウスは、両首脳が韓米連合訓練演技に合意したことを確認しながら対北圧迫に傍点を撮りました。
ワシントンでキムヒジュン特派員です。

[記者]
「私は強く、北朝鮮のすべての力を使おうとしなかった場合、南北朝鮮対話が行われることができただろうか。」

トランプ大統領のツイッター文です。
続いて「会談は良いだろう」と南北対話の可能性に一旦肯定の意を表しました。
北朝鮮の融和的な変化が、自分が確固進めてきた対北朝鮮圧迫のためという点を強調したものと見えます。

ホワイトハウスは、韓米両首脳が通貨では、最新韓半島の進展状況を議論したと、北朝鮮の最大の圧迫を続けて過去の間違いを繰り返さないようにしようのに意見を共にしたと強調しました。

韓米両国が安全で成功した平昌冬季オリンピックのために専念しているとし、韓米連合訓練演技合意事実も確認しました。

これに関連しマティス国防長官は3月平昌オリンピックパラリンピックが閉幕した後、韓米訓練を再開すると明らかにした。

これは政治的ではなく、現実的な問題を理由に行われた決定と説明しました。

マティス長官は、北朝鮮の対話提案が国際社会の圧力のためとし、真の油絵小川のか分からないほど大きな意味を付与していないと付け加えました。

米国政府は、ひとまず平昌オリンピックを契機とした南北対話にブレーキをかけアンドエ北朝鮮が非核化のための真の態度の変化を示すまで制裁と圧迫を続けることを明らかにしています。

ワシントンでYTNキムヒジュンです。