(イメージです。)
 
1: 荒波φ ★ 2017/12/30 15:57:48.46 ID:CAP_USER.net
任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長が今月9-12日にアラブ首長国連邦(UAE)に特使として派遣される直前、崔泰源(チェ・テウォン)SK会長と個別に面談したことが分かった。崔会長はこの席で任室長にUAE現地事業で生じた問題を解決してほしいと要請した可能性が高い。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の関係者は29日、「任室長がUAEに特使として行く前、崔会長と青瓦台の外部で会ったのは事実」とし「崔会長はSKがUAEで進めている事業に関する話をしたと理解している」と述べた。

この関係者は「崔会長が任室長にUAE事業関連の話をしたが、任室長が特使として派遣されたのは崔会長の要請を解決するためだけではない」と話した。続いて「任室長の特使派遣目的については『明らかにできない』という立場は変わっていない」と伝えた。

SKのある系列会社が数兆ウォン規模の精油施設を建設する契約が白紙化の危機を迎えたというのが、業界関係者らの話だ。

任室長はUAEで事実上の権力者ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子とカルドゥン行政庁長に会い、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を伝えた。しかし青瓦台は親書の内容はもちろん任室長の訪問目的についても具体的に説明しなかった。

これに先立ち青瓦台は、一部のメディアが「崔会長が文大統領と個別面談をしてSKのUAE事業に関する『救助要請』をした」と報じたことに対し、「文大統領の就任後、企業のトップと個別面談をしたことはない」とし、該当メディアに訂正報道と法的対応を示唆したりもした。

しかし青瓦台関係者はこの日、任室長が崔会長ら特定企業のトップと面談した事実を認め、「大統領秘書室長が企業のトップに会うことはある。前政権でもそのようなことがあった。秘書室長が企業の問題を聞くのは経済界との疎通という側面で不自然なことではない」と述べた。


2017年12月30日14時39分
http://japanese.joins.com/article/040/237040.html?servcode=200&sectcode=200
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】大統領府、秘書室長のUAE訪問疑惑を説明(2017/12/27)
UAEムハンマド皇太子、脱原発掲げる文在寅政権に不快感(2017/12/25)
【韓国】UAEの原発遅延補償金説、政府が否定(2017/12/25)
【韓国】自由韓国党「UAEが文大統領に直接謝罪を要求」(2017/12/22)

 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-12-30 13:59です。
 
ますます増幅されるUAEであれば契約疑惑/ YTN
2017/12/29に公開

[アンカー]
イムジョンソク秘書室長のアラブ首長国連邦を訪問をめぐって、李明博政府の原発受注であれば契約説疑惑がますます大きくなっています。

パク・クネ政府も国家情報院を動員し、このような疑惑を調査したところ疑惑を裏付けるに値する結果は出ていないと伝えました。

しかし、疑惑が大きくなると、検察の捜査につながる可能性もあります。

ギムピョンジョン記者です。

[記者]
疑惑の核心は、アラブ首長国連邦と韓国が原発契約をしながら、核廃棄物の廃燃料棒を国内に搬入する場合は、契約があったのかどうかです。

パク・クネ政府当時、大統領府が、国家情報院を動員裏面契約の真偽を調査することしたという内容が浮き彫りになり、疑惑はさらに増幅された。

検察もナムジェジュン前国家情報院枚側近から、このような状況を把握したと伝えられました。

検察が確保した既知のメモファイルをもとに再構成すれば、キム・ジャンス当時青瓦台安保室長がナムジェジュン当時国情院長に、このような内容を調べてほしいと要請し、再び南前国家情報院長がジャンホジュン当時監察室長に調査を指示したのです。

このとき、2百万ドルのリベートがこっそり執行されたという疑惑も調査を指示していたことが知られました。

しかし、司法当局の関係者は、当時、国家情報院の調査結果であれば、契約はなかった核廃棄物もすべてアラブ首長国連邦で処理することになっていたと明らかにした。

疑惑を裏付けるに値する証拠を確保していなかったと主張しています。

検察も「現在としては確認して与えることができる内容がないと、「言葉を惜しんでいます。

捜査中の積弊事件とは直接間接的な関連がなく、手がかりや証拠が不足しているだけに、まだ捜査に入っているれていないと解釈されます。

しかし、疑惑が増えて捜査依頼や告発が入ってくると、捜査に着手するしかないほど、李明博前大統領に向かって別の捜査で広がる可能性も排除することはできません。

YTNギムピョンジョン[pyung@ytn.co.kr]です。