(動画からです。)
 
1: Boo ★ 2017/12/28 17:25:38.70 ID:CAP_USER.net
 【釜山時事】
 
 韓国南部・釜山の日本総領事館前にある慰安婦を象徴する少女像付近で28日、像を設置した市民団体が記者会見を開き、2015年末に発表された日韓合意の「無効化」を求めた。


 総領事館前の少女像は設置から1年が経過したが、日本政府の強い反発にもかかわらず、移転のめどは立っていない。市民からは存続を求める声が上がった

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000067-jij-kr
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-12-28 18:04です。
 
釜山の日本領事館前少女像1周年...合意破棄を促す/ YTN
2017/12/28に公開

[アンカー]
釜山の日本領事館前、インドに建てられた平和の少女像が建立1周年を迎えました。
日韓慰安婦であれば合意が浮き彫りになり、合意破棄を主張する声と一緒に日本に強制徴用された労働者像を少女像の横に置こうとする動きも起きています。
チャサンウン記者です。

[記者]
釜山の日本領事館前に建てられた少女像の周辺に市民が集まりました。
少女像は違法設置物に集まって一時撤去の危機を迎えたが、紆余曲折の末、1年の間に、同じ桁を守ってました。

1周年を迎え、集まった市民は、日韓慰安婦であれば合意に反発し、廃棄を促しました。
釜山の日本領事館を眺める姿に建てられた少女像は、1年の間に数多くの困難を経験してきました。

少女像に反対する横断幕が周辺にあったので、ゴミや廃棄物を少女像の近くにしまうこともするなど、対立が続きました。

【ジャンソンファ/釜山女性団体連合代表:
少女像が人権と祖母の名誉、そして平和、国民主権を象徴するので、必ずこの位置を維持することです。]

釜山地域の市民団体は、少女像のすぐ隣に、日本に強制徴用された労働者銅像建立も推進しています。]

ビチョク乾燥体にした手には、マンドレルを持った男性。
日本植民地時代とき炭鉱に強制徴用された労働者を象徴する像モデルです。

【チョン・ハンチョル/全国教職員労働組合釜山支部長:
朝鮮の労働者780万人程度が強制徴用たんですよ。労働者が中心になって強制徴用労働者賞を立てようが運動が続いた。]

来年5月1日労働者の日、少女像と同様に、日本領事館のすぐ前に立てるというのが市民社会団体の計画だが、今回もやはり日本政府の反発が予想されます。

YTNチャサンウン[chase@ytn.co.kr]です。