1:2014/06/24(火) 21:32:25.74 ID:
(画像)
166b8bef.jpg
750658e2.jpg

 2014年6月24日、騰訊体育によると、サッカーのブラジルワールドカップ(W杯)のグループH第2戦、韓国対アルジェリアの試合の中国の報道に対して、韓国ネットユーザーが怒りの声を上げている。

 この試合を2-4で落とした韓国について、中国メディアは「韓国は前半シュート0本という恥辱的な記録を作った」と報じたが、自国の代表の惨敗を目撃していきり立つ韓国サポーターには「火に油」だった。

 ある韓国ネットユーザーは以下のようなコメントを残している。

「中国サッカーの目も当てられない現状を前に、よく韓国サッカーを指摘できるな。まず自分が他人のことを『恥辱』と言えるか考えてみろ」

「W杯にも参加できない国が他国の悪口をあれこれ言っている。お前たちはソン・フンミンの活躍を見なかったのか?韓国代表のゴールを見なかったのか?わけもなく韓国サッカーを批判するなど、いいかげんに恥を知れ」

「中国はW杯で見当たらなかったけど?」

「この世界の誰もが韓国代表のパフォーマンスを評価して構わないが、中国人にだけはその資格はない」

 これに対して、騰訊体育は「もしレベルの高い一方にのみ評価の機会が与えられるなら、世界のサッカー評論家のほとんどが職を失うだろう。韓国人はこんな道理もわからないのだろうか」と反論している。
(翻訳・編集/北田)

レコードチャイナ 2014年6月24日 10時10分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=90152