日本 Flag 

1
:2014/06/24(火) 20:52:08.75 ID:
ケルト十字応援、ロシアに勝ち点削減の危機?日本の戦犯旗である旭日旗はなぜ処罰しないのか

2014/6/24(火)18:16

ロシアの一部ファンが「ケルト十字」で応援してロシアが勝ち点削減の懲戒処分を受ける危機に瀕している中、ネットユーザーらは旭日旗はなぜ重い懲戒を受けないのかと憤慨している。

去る19日、ロシアのスポーツ通信社「R-スポルト」は、「ロシアが韓国とのグループステージ第1戦当時、何人かのロシアファンがケルト十字が描かれた垂れ幕を掲げたことについて、国際サッカー連盟から勝ち点削減などの懲戒処分を受ける可能性がある」と報道した。

ケルト十字は白人優越主義を象徴するナチス政権の象徴で、国際サッカー連盟はこれを厳重に禁止している。

我々と同じ組に属したロシアの勝ち点が削減される可能性があるというニュースに多くのネチズンたちが大きな関心を持った。

これに先立ってロシアは過去2012年の「ポーランド - ウクライナユーロ大会」で、このような過激な応援団のため勝ち点の削減を経験した。当時欧州サッカー連盟(UEFA)は欧州選手権のグループリーグ第1戦であるロシア対チェコ戦で見せたロシアファンの過激行為に対して懲戒処分を下した。UEFAはロシアサッカー連盟に12万ユーロ(約1億6600万円)の罰金を課し、ユーロ2016予選で勝ち点6を削減する懲戒処分を下した。

現在までFIFA側から出てきた公式の立場はないが、もしFIFAが懲戒を確定してロシアの勝ち点が削減された場合、韓国の16強に影響を与えうる。

FIFA会長ブラッターも現在の規律によって下される競技場の閉鎖や無観客競技よりも「球団が直接打撃を受ける勝ち点削減がより効果的だ」と主張した。

ロシアの勝ち点削減の可能性が提起されるとネチズンたちは「日本の戦犯旗である旭日旗はなぜ勝ち点を削減されないのか」という意見を出している。旭日旗は日本の帝国主義と軍国主義を象徴する。ヨーロッパではナチスの党旗であるハーケンクロイツが戦犯旗に通じる。

FIFAは政治と宗教、民族、人種などを宣伝する行動とスローガン、フレーズ、シンボルをすべて禁止する。特にハーケンクロイツのプラカードを掲げる観客やグラウンドでナチ式で挙手する選手はより重い懲戒を受ける。しかし旭日旗にはこれといった規律が下されていない。

先立って日本の観客はコートジボワール、ギリシャとの組別リーグで旭日旗フェイスペイントや旭日旗が描かれた応援服を着たまま応援をして物議をかもしている。

http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1403601406720209016