(イメージです。)
 
1: 動物園φ ★ 2017/12/05 12:31:53.89 ID:CAP_USER.net
2017年12月04日17時29分
[? 中央SUNDAY/中央日報日本語版]

覇権とは「ある分野でリーダーや一番上の席を占めて享受する公認された権利と力」だ。国際政治では「ある国家が経済力や武力で他の国を圧迫して自らの勢力を広げようとする権力」を言う。現在の覇権国は米国だ。米国の位置を脅威するのは中国だ。一般人にとっては少し見慣れのない言葉であるかもしれない覇権・覇権国に次の世代の未来がかかっているといっても過言でない。覇権について多くの本が韓国出版市場に出ている。最近、ソウル大学のキム・テユ教授が出版した『覇権の秘密』(原題)の差別性は韓国にとって、いわゆる第4次産業革命と覇権の問題を結びつけた。

キム教授によると、1853年米国のペリー遠征と1866年フランスの朝鮮遠征(丙寅洋擾)が日本と韓国両国の運命を分けた。日本は和魂洋才、「日本の魂を守る中で西洋の技術は学ぼう」という論理で開港をした。韓国は斥和碑を建てて衛正斥邪を行った。

キム教授はこの両遠征が韓日両国に求めたのは第1次産業革命だと再解釈する。彼は第4次産業革命が韓国に新しい「開港」を求めていると見る。韓国が第4次産業革命にどう備えて主導するかによって韓国も覇権国になり得るという、ちょっと「驚きの」主張をする。どうすればそれが可能なのか気になってキム教授を先月22日、ソウル大でインタビューをした。

--学問分科や学者ごとに覇権に関する定義が違う。

「人類文明には完全な弱肉強食時代があった。力のある国が無力な国を占領して略奪して奴隷にした。我々が追求するできる最も合理的な遠大な目標を世界政府時代だと考える。単一政府が地球上、すべての人類を公平で安らかに民主をリードする時代だ。両者に覇権時代がある。相手方を一方的に強圧するのでなく、自発的同意を求めるのが覇権だ。覇権を悪いと理解する方がもいるが、私は自発的な同意を求めるという面でとても人道的だと考える。第2次世界大戦終戦以降、約30年間は『ゴールデンエイジ(Golden Age)』だった。米国の覇権の下で約30年間人類が作り出した財貨がその以前の300年、3000年の間より多い。1人当たり国民総所得100ドル(約1万1300円)に及ばなかった韓国も3万ドル時代を目の前にしているほど成長した」

--韓国に覇権はどのような意味なのか。

「我々が最も多く記憶するのが国権喪失・壬辰倭乱・丙子胡乱だ。我々ちがなぜこのように大変な歴史を体験したのか考えてみた。小さいからだった。ところで、考えてみると韓半島(朝鮮半島)の5.5分の1しかならないオランダが一時世界の覇権国だった。大きな感動を受けた。オランダの覇権を受け継いだのは英国だ。韓国や英国でもほぼ同じ大きさだ。我々の子孫に歴史を教える時『日本帝国主義が悪い』ということだけでなく、オランダ・英国がどのように発展したかを教えなければならない。我々が失敗した理由だけでなく、成功する方法を教える必要がある。『覇権の秘密』を書いた背景だ」

--オランダ・英国が覇権国になった秘訣は何だろうか。

「オランダは商業革命、英国は産業革命を起こして成功した。韓国も第4次産業革命を契機に先進強大国になることができる。過去の産業革命を勉強しなければならない。『覇権の秘密』に私のすべての情熱を注いだ。他の本は普通1年以内に書くが、この本は5年かかった」

--米中の覇権競争に対してどのように見ているのか。

「多くの人が覇権の行方に関心が多い。私はそれが重要ではないと考える。私が産業革命は『起きること』でなく『起こすこと』だと考える。第4次産業革命も同じだ。米国が第4次産業革命を先導すれば米国の覇権が維持され、中国が追いつけば中国の覇権時代が到来する。韓国をはじめとする他の国にも機会がある。どこで第4次産業革命が起きるのかは誰も分からないし、決まっていることてもない。私は未来というのが決まっているとは考えない。商業革命と産業革命の歴史を見ると、決まっている未来がやって来たのでなく、自分たちが努力して勝ち取ったものだ。学生たちが『韓国で第4次産業革命が起きますか』と尋ねてくると、私はこのように答える。『絶対に起きない。ただし、皆さんが起こすことができるだけだ』」

http://japanese.joins.com/article/138/236138.html?servcode=300&sectcode=320