(イメージです。)
 
1動物園φ ★2017/11/18(土)20:18:50.36ID:CAP_USER.net[1/2]
浦項地震:韓国政府にマニュアルなし、自己判断を迫られる被災者たち

 「一体いつになったら家に戻れるんですか」

 地震発生三日目の17日、慶尚北道浦項市内に設けられた各避難所では被災者数百人が不安に震えていた。「いつ帰宅できるのか、自宅に住み続けられるのかどうか分からなくてもどかしい」という人が多かった。同日午後1時30分ごろ、浦項市の興海邑事務所には被害を申告しに数十人が集まっていた。受付の横では電話のベルが休む間もなく鳴っていた。80代の女性を乗せてきたタクシー運転手キム・ギチャンさん(67)は「家の近くの畑にあった広さ6坪のコンテナ住宅で家族16人が一緒に寝た。公務員がやって来て被害のあった家の写真を撮って行ったが、その後は何も話がない。不安で家に入れない」と言った。

 同日午後2時、避難所の一つとなっている同市北区大都中学校には被災者約150人が集まっていた。この被災者たちは翌日、ここから約6キロメートル離れた教会に移らなければならない。疲れきった表情で座っていた住民のキム・スンヒさん(62)は「家が安全かどうか分からないので入れないし、遠く離れた教会に行くと言うから心配だ。いつ家に帰ることができるのか知っていれば教えて」と言った。

 行政安全部(省に相当)は「帰宅する時期については住民それぞれで判断してほしい」という見解だ。浦項市災害対策本部関係者は「住民の居住地は個人の建物であるため、当局が『戻れ』とか『戻るな』と言うことではない」と言った。つまり、被災者の居住地確保などに関するマニュアルがないのだ。国土交通部は17日、「被災者に住宅160戸を緊急支援する」と発表したが、被災者の全体数に比べると大幅に不足している。

 地震の被害を受けた建物の危険度は、地方自治体の災害安全対策本部で評価団を構成して知らせることになっている。しかし、住宅に戻るかどうかは住民が判断しなければならない。浦項市は17日、10チーム・36人からなる危険度評価団を構成し、被害のあった建築物約1500カ所の評価に乗り出した。建築士と建築関連公務員が1つの組になり、緑(使用可能)、黄(使用制限)、赤(危険)のラベルを貼っていく。だが、評価団が外観を見て判断するだけで、その後どうするかは住民の判断に任せられる。使用制限・危険度が判定されても、これを守るかどうかの判断は建物の所有者がすることなのだ。目視で外観を確認する以上の精密検査を受けるには、建物の所有者が費用を全額負担しなければならない。

東京=金秀恵(キム・スへ)特派員 , ペク・スジン記者 , 浦項=チェ・アリ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/18/2017111800448.html

関連
「震度4」韓国社会は大揺れ…大学入試が延期
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171116-OYT1T50077.html
 
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-11-18 18:08です。
 
「救援物資受けられなかった」粗末な救済システム/ YTN
2017/11/18に公開

[アンカー]
地震被害被災者の避難所生活が長くなり、ボランティアの暖かさのタッチが続いています。
しかし、これらの民間の情熱とは異なり、関係当局の対応は体系的でず、物足りなさが多いです。
イ・ソンウ記者です。

[記者]
避難所の前にボランティアのテントがぎっしりです。
被災者に必要な食品や救援物資を配りながら、これらの痛みを少しでも軽減しています。
しかし、毛布など、いくつかの救援物資は、適切に分割されてなくて被災者の不満が高まっています。
地震で混乱がされた家の中家財道具を整理した後、避難所に遅れて到着すると救援物資を受けることができないでしょう。

[ソン・ソンミン/地震被害住民:
(救援物資受けようと)何度行ったり来たりして作っておいて、後には涙がナリョゴしましたよ。何度も体を動かしたのか... ]

ボランティアが続々と到着しているが、これらを効率的に管理するシステムもないのが実情です。

【イムジョンベク/浦項市フンヘウプセマウル指導者:
単一された指導部がなく、派遣がうまく対処をしていなくて、その時々の物品を配るたびに放送するのが実情です。]

地震被害復旧のための支援の手が続いているが、まだ多くの場所では依然としてサポートが必要なのが実情です。

家の中のあちこちが壊れたり、亀裂が生じた場合、どこから、どのように手をたらいするか漠然とするだけです。

被害調査のために関係機関が一度行っただけで、このような家に住むかどうか移住するか教えない憂いのみ​​いっぱいするだけです。

[キム・ジスク/地震被害住民:
安全診断を迅速に取得するための私たちが最初から出入りができないようにするか、このような方法をしてくれるのに、今、私たちが苦労して家を出入りしています。]

浦項市など関係機関は、救援物資をはじめとするサポートスタッフを体系的に装備され、被害住民が疎外されることがないようにすると明らかにした。

【イガンドク/浦項市場:
市役所職員とボランティアを最大限に動員して公平に必要なときにすぐに割り当てができるようにします。]

暖かさのタッチが続く中、当局の惜しい取り組みに被災者の苦痛はなかなか減らないです。
YTNイ・ソンウ[gentlelee@ytn.co.kr]です。