(イメージです。)
 
1荒波φ ★2017/11/17(金)13:54:15.13ID:CAP_USER.net
尻に火がついた。開幕まで80日余りというのにチケットの前売り率は33.5%に過ぎない。五輪の場合、直前になってから買う傾向があるという説明だが、飛行機はもちろん宿泊先まで予約しなければならない外国人の事情を考えれば説得力が劣る話だ。入場券107万枚の中で中国人が買ったのは3000枚程度〔都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官〕だ。

3度の挑戦の末に2011年7月に誘致が決定して以来、平昌五輪は韓国の経済的再跳躍に多いに役立つものと期待された。今後10年間32兆2000億ウォン(約3兆2200億円)の経済的効果〔李煕範(イ・ヒボム)平昌五輪組織委員長〕をもたらすだろうというバラ色の展望も出てきた。しかし、大前提はまさに興行の成功だ。世界各国からの観客でぎっしり埋まらなければ競技場の熱気はもちろん、中継放送の質も落ちるほかない。

世界各国の観客がとにかくたくさん来なければならない。外国人が競技も見て、近隣の観光地も見て回って、ショッピングして韓国商品を買わなければならない。それでこそ純然なドル収入が入るのだ。世界を相手にしたグランド・イベントなだけに失敗は巨大な災難に変わる。平昌五輪組織委員会が昨日、大韓商工会議所・韓国経営者総協会など経済団体らと懇談会を行い、支援を訴えたのはこのような懸念の発露だ。

◇80日余り残して前売り率わずか34%

その間、政府が2度変わり、誘致した時の道知事が変わったうえに政治の荒波の中で平昌五輪が国家レベルのプロジェクトでなく江原道(カンウォンド)と平昌のものにで格下げされたせいで熱気が冷めたのは事実だ。

遅まきながら政府が乗り出して「平昌の風」を起こしているのは幸いだ。五輪期間の間、全世界休戦決議案が国連総会で採択されたことは北朝鮮の核のために参加を敬遠する国々の不安を払拭させる効果が明らかにあるだろう。しかし、このような活動がすぐに観客増加にはつながりにくい。

今からでもグローバル・マーケティング的アプローチが必要だ。何より重要なのはこれを顧客の観点から見ることだ。私たちが売りたいものではなく、買いたがる顧客の観点で見た時、新しい突破口が出てくる可能性がある。

平昌、一歩進んで韓国で世界の人々が買いたいものの中で最も代表的なのは、まさに韓流である。その中でも若い韓流スターに対する関心が何より高い。今でも数多くの若い韓流ファンが韓流スターの歌を理解するために韓国語を学び、また、彼らのライフスタイルを体験するために韓国旅行を夢見る。この需要を平昌に連結すれば問題は意外に容易になることができる。

◇「韓流スター・マーケティング」で突破口を

昨年10月に忠清南道(チュンチョンナムド)の鶏龍(ケリョン)大学で開かれた陸軍行事「地上軍フェスティバル」を例に挙げよう。軍隊の各種装備と示範が果たして日本などの外国人にとって何の魅力になるだろうか。

ところが、当時鶏龍市と儒城(ユソン)一帯の宿泊施設は数日前から満室になった。当時軍服務中でこの行事の司会を務めた韓流スター、イ・スンギのためだった。韓流ファンにとっては行事が重要なのではなく一般公演よりもっと近くで自分が憧れるスターに会えるということが途方もない価値だった。

平昌五輪こそが過去20年間余り韓国で広まった「韓流革命」の花になることができる。主管部署が文教体育部で開幕・閉幕式を韓流革命の主役である宋承桓(ソン・スンファン)総監督が導いている構造だからこそ最善の組み合わせだ。

種目ごとに韓流スターを広報大使に委嘱し、彼らが五輪に参加することができるようにすれば平昌五輪の価値は完全に新しくなる。世界各国の韓流ファンが韓国と平昌を訪れることができる名分ときっかけを作ろうということだ。もう一度誘致するためには何年かかるかもわからない冬季五輪への懸念から出た話だ。
 
2017年11月17日11時43分
http://japanese.joins.com/article/554/235554.html?servcode=100&sectcode=120