韓国 flag 

1
:2014/06/21(土) 20:37:50.39 ID:
中央日報「集団忘却社会」、セウォル号惨事から2カ月ではや「危機意識」薄らぐ韓国社会

2014.6.21 12:0

300人以上の死者を出し、いまだに行方不明者の捜索活動が続く韓国の旅客船「セウォル号」沈没事故。救助をめぐっても批判が噴出した(AP)

 300人以上が犠牲となった韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故の現場では依然、行方不明者の捜索が続いている。沈没船引き揚げの見通しも立っていない。また、追悼ムードは消えてはおらず、スローガン化した「セウォル号惨事を忘れてはいけない」という言葉も健在ではある。ただ、安全軽視とみられる事故が相次ぐ。沈没事故から2カ月が過ぎたが、危機意識はむしろ薄らいでいる。

「現場」から力点離れ、人事にいそしむ無能政権

 この2カ月間、遺族らの怒りや世論の批判は、運航関係者や対応に手間取った政府、“配慮を欠いた”取材を繰り返した韓国メディアに向けられた。

 非難の矢面に立たされた朴槿恵大統領自身、捜索関係者を「無能」呼ばわりし、国民への謝罪を繰り返し涙まで見せた。政権への支持率が下落する中で行われた今月4日の統一地方選で、与党セヌリ党はどうにか野党と引き分けに持ち込み、韓国政府は人心一新に勤しむ。

 一方で「現場」からは力点が離れている雰囲気さえ漂う。事故原因や安全意識の向上より、「犯人捜し」に集中的に力が注がれた感がある。大事故が起こるたびに韓国メディアでは「以前の事故を忘れたのか」「前回の教訓は」という自己反省が目立つが、事故再発防止に向けた当局の必死な姿勢は一時的。徹底され続けている印象も薄い。

 一般道路での車両制限速度は時速60キロだが、これを超える速度で走る車は日常的にみられる。船や地下鉄に限らず、規則や秩序は立派とはいえない。

 中央日報は、大事故が起きても2、3カ月過ぎると議論さえしなくなり、「集団の怒りが集団の忘却へと早代わりする」と韓国社会の特徴を言い当てている。

 実際、一連の事故を受け、韓国では安全意識が高まり、避難訓練などが頻繁に行われているが、「きちんとしたマニュアルもなく、実効性のない避難訓練が行われている」(朝鮮日報)との指摘もある。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140621/waf14062112000003-n1.htm