音楽 音符 

1
:2014/06/21(土) 18:56:16.12 ID:
日本と韓国の関係が冷え込む中、音楽による交流を深めようと、日韓の音楽家によるコンサートが徳島市で始まるのを前にリハーサルが行われました。
「日韓友情公演」と題したコンサートは日本や韓国などの音楽家による管弦楽団「オーケストラアジア」が公演するもので日本での公演は5年ぶりです。

公演を前に徳島市で約60人がリハーサルを行い日本の琵琶や三味線、韓国の伝統楽器ヘグムやアジェンなどによる合同演奏が行われました。

公演では日本の代表的な旋律である「さくら」を基調とした曲など5曲が演奏される予定で、演奏曲を繰り返し練習していました。

韓国の指揮者のパク・ブンフンさんは「日韓の関係がどんどん複雑になっているが、音楽を通して一緒に手を結んでいきたい」と話していました。

「オーケストラアジア」の田村民雄事務局長は「音楽が違っていても一緒にやれるということを見てほしい。違いの面白さを感じて楽しんでもらいたい」と話していました。

コンサートは23日、徳島市立文化センターで始まり、兵庫県尼崎市と東京でも開催されます。

ソース:NHK徳島
http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8024910811.html