軍事

1
:2014/06/21(土) 13:54:37.17 ID:
「東海を死守しよう」…韓国、日・朝の前で独島訓練
2014年06月21日12時12分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

「総員戦闘配置」。力強いスローガンとともに艦艇の中では「ピピピ」という非常ベルの音が激しく鳴り始めた。20日午前9時20分。独島(ドクト、日本名・日本海)近隣の東海(トンヘ、日本名・日本海)上を航海中だった「広開土大王」(3200トン級)の艦橋の中の動きが慌ただしくなった。乗組員は防弾ヘルメットをかぶり、救命胴衣を着用した後、各自の勤務位置に立った。「ワンショット、ワンキル!」。操舵士の掛け声に合わせ、乗組員は「捕まえよう敵の潜水艦、死守しよう東海の海!」と叫んだ。前日に日本政府が独島を自国の領土だとして訓練の中止を要求したためか、乗組員の声からは強い意志が感じられた。

続いて「原州」(哨戒艦、1200トン級)から発射した軽魚雷「チョンサンオ(青鮫)」が灰色の煙を出しながら水中に消えた後、3650メートルほど離れた水深60メートルに設置された仮想の敵の潜水艦を正確に貫いた。チョンサンオが目標物に命中した時、4キロほど離れていた「広開土大王」の甲板にも「ドン」という音と同時に振動が伝わった。

「朴東鎮」(誘導弾高速艦、450トン級)から発射された艦対艦ミサイル「ヘソン」は、轟音の中で火炎を噴き出しながら空中に消えると、150キロ離れた敵艦を正確に命中した。P-3CKが空対艦誘導弾「ハープーン」1発を発射するのも初めて公開された。「ハープーン」も仮想標的と想定した廃棄漁船を正確にとらえた。「広開土大王」からは対潜攻撃用の爆雷も発射された。

この日の訓練は、独島近隣の東海上に北朝鮮の潜水艦が侵入したという仮定で実施した射撃訓練。蔚珍竹辺の東側55キロから独島近隣まで約150キロにのぼる広範囲な地域で実施された。旗艦の「広開土大王」をはじめ、「栗谷李珥」(イージス艦、7600トン級)など水上艦19隻、海上哨戒機「P-3CK」2機、リンクスヘリコプターなど、東海を守る海軍第1艦隊の主要戦力が総動員された。 
 

最近、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が東海岸の海軍基地を訪問して潜水艦に乗る場面を公開し、「敵の艦船の腰背を無慈悲に折れ」と述べたが、これへの対応だ。訓練内容も当初は艦砲射撃および潜水艦探知など一般レベルで計画していたが、大々的な潜水艦攻撃武器を実際に射撃する内容に引き上げられた。今まで射撃訓練は非公開で行われてきたが、今回はこれ見よがしにメディアにも公開した。北朝鮮に送るメッセージであるためだ。

訓練の重要性から黄基鉄(ファン・ギチョル)海軍参謀総長が現場を指導した。黄総長は「北の潜水艦が現れれば、確実に水葬させるという決意を見せるレベルの訓練」とし「潜水艦の天国と呼ばれる東海を潜水艦の墓にする準備ができている」と強調した

これに先立ち日本の菅義偉官房長官は19日、「(訓練は)極めて遺憾」とし「竹島領有権に関する我が国の立場に照らして絶対に受け入れることはできない」と述べた。

http://japanese.joins.com/article/794/186794.html?servcode=500&sectcode=510