(イメージです。)
 
1: らむちゃん ★ 2017/11/07 20:17:49.25 ID:CAP_USER.net
Record china配信日時:2017年11月7日(火) 20時10分
http://www.recordchina.co.jp/b206018-s0-c50.html

2017年11月6日、韓国・中央日報などによると、来年2月に開かれる平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピックのボランティアチームが正式に発足したが、いよいよ配属が決定したボランティア志願者から早くも不満の声が上がっている。

5日、ソウル大生向けのフェイスブックのページに、五輪ボランティアとみられるユーザーの投稿があった。投稿者は冒頭で、平昌五輪について「内心では開催が失敗してほしい」とつづり怒りの胸中を吐露した。

投稿によると、ボランティアになるまでの道は険しく、昨年の夏ごろに志願書を提出、書類通過後に希望分野別の面接を受けて最終合格を通達されたという。その後も時間を割いて10時間を超える教育を受け、ようやく先月、具体的な職務・活動・地域・宿所などの配属が決定した。

問題はこの配属先。投稿者に与えられたのは「交通整理および案内」「乗降車サポート」「チケットブースでの券売サポート」などで、いずれも当初の希望とは違っていたという。投稿者は「確かにそういう仕事のボランティアも必要。でも、希望職務に最終合格して教育を受けた者に対し、何の知らせもなく希望職務も配属しなかったり、まったく異なる職務に配属したりするのはあり得ない」と話した。

こうした不満を持ったボランティアは他にもいたといい、主催者側に抗議をしたというが、「人員計画を間違った」「宿所を十分に設けられなかった」「ボランティアがいなかったら五輪運営が困難。楽しい気持ちで臨んでほしい」などの回答が返ってきたそうだ。

投稿は「劣悪な処遇でも専攻と関連のある職務に就けると思い、多くの時間を投資してボランティアに臨もうと思ったが、そうした考えはもうやめる」と締めくくられた。

この投稿に接したボランティア志願者たちからは「取材を希望したのにチケット担当になった」「ITを希望したのに駐車整理になった」など互いの近況に関するコメントが多く寄せられ、中には「面接を受けなくてよかった」と安堵(あんど)する声も。

また「これが本来の韓国の姿なんだけど、学生たちには衝撃が強かったようだ」「五輪組織委は『ボランティア=ただ働きのバイト』と考えている」など達観したような指摘も。

開催まで100日を切ったが、まだまだ問題が山積みの状況に「平昌五輪は大コケすればいいさ。そして二度と国際イベントは誘致しないで」と冷めた声もあちこちで上がっている