日本 国会 

1
:2014/06/20(金) 20:15:02.48 ID:
【河野談話創造合作事件】国会で河野・谷野参考人招致と再検証要求の動き[06/20]
維新・山田氏「聞き取りは『儀式』明らかに」と評価 河野氏ら招致要求へ
2014.6.20 19:44

 国会で慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の問題点を追及してきた日本維新の会の山田宏衆院議員は20日、検討チームによる国会報告について「元慰安婦の聞き取り調査を基にして談話が作られたのではないことがはっきりした」と評価した。ただ、検証の根拠となった資料が明示されていないとして、再検証を求める意向を示した。国会内で記者団に語った。

 山田氏は「聞き取り調査は儀式であり、韓国側との(談話の)すり合わせの状況が明らかになった」とも語った。その上で「当時の内閣外政審議室が深く関わっていることが分かる」と述べ、河野氏や談話作成に深く関わった谷野作太郎元外政審議室長の参考人招致の必要性を強調。22日の通常国会閉会後の早い時期に衆院予算委員会の開催を求める考えも示した。

 慰安婦募集の強制性をめぐり日韓両国がすり合わせを行った影響に関しては「談話が玉虫色の表現となった。談話が独り歩きしていく結果をもたらした」との見解を示した。

 報告の裏付けとなる資料の添付は不十分だとも指摘し、「単なる『日本側の主張』で片付けられてしまう可能性がある。国際社会に証拠を示さなければならない」と語った。
 山田氏は2月20日の衆院予算委に参考人として出席した談話作成時の事務方トップ、石原信雄元官房副長官に質問。聞き取り調査の裏付けがなかったとの証言を引き出し、政府が検証に取り組む契機となった。

MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140620/plc14062019440012-n1.htm