日本 

1
:2014/06/20(金) 16:52:09.99 ID:
事前に韓国側と文言調整 検証結果で明らかに
2014.6.20 16:23

 政府は20日、元慰安婦に心からのおわびと反省の気持ちを表明した平成5年の河野洋平官房長官談話に関し、有識者チームの検証結果を国会に報告した。

 産経新聞が独自に入手した検証結果報告によると、日本側は「いわゆる『強制連行』は確認できないという認識に立ち、それまでに行った調査を踏まえた事実関係を歪めることのない
範囲で、韓国政府の意向・要望について受け入れられるものは受け入れ、受け入れられない
ものは拒否する姿勢」で、事前に韓国側と談話の文言調整をしていたとした。


■河野談話 平成5年8月、宮沢喜一内閣の河野洋平官房長官が元慰安婦に心からのおわびと反省の気持ちを表明した談話。閣議決定はしていない。慰安婦募集に関し、「官憲等が直接これに加担したこともあった」「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」などと強制性を認定した。

sankei.jp.msn.com/politics/news/140620/plc14062016230011-n1.htm




3: :2014/06/20(金) 16:52:37.42 ID: