(イメージです。)
 
1荒波φ ★2017/10/30(月)09:29:20.04ID:CAP_USER.net
【東京聯合ニュース】

韓国農林畜産食品部と韓国農水産食品流通公社(aT)によると、横浜国立大、国学院大、帝京大の3校の学食で30日から来月17日まで韓国産の食材を使ったメニューを提供する。

メニューは東京大の料理に関する同好会と連携して開発した。キムチやコチュジャン(トウガラシみそ)、エゴマ粉を使用して、トッポッキ(餅の甘辛炒め)、チャーハンやギョウザバーガーなどを日本人の好みに合わせてアレンジした。

各大学の学食は1週間に2種類のメニューを提供する。1メニューにつき100食の限定。肌をきれいにする「ビューティーメニュー」の名前をつけるなどし、注目を集めようとしている。

今回の試みは韓国の食品に親しみを持ってもらおうと始めた。韓国食品は韓流ブームのさなかだった2012年に対日輸出が過去最高の23億9000万ドル(現在のレートで約2717億円)を記録したが、その後は減少が続き、15年には18億3000万ドルまで減った。昨年ようやく18億9000万ドルと4年ぶりに増加に転じた。

aTの金浩銅(キム・ホドン)東京支社長は「日本市場で苦戦が続いていた韓国食品だが、ようやく消費条件が上向いてきた」と説明した上で、今回の学食メニューが、これまであまり韓国料理に親しみのなかった人たちにPRする機会になってほしいと話す。


2017/10/30 09:00
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/10/29/0400000000AJP20171029000700882.HTML