1: 蚯蚓φ ★ 2017/10/23 01:24:43.83 ID:CAP_USER.net

▲マイケル・グリーン、ジョージタウン大教授が20日(現地時間)ドナルド・トランプ大統領の訪韓を主題に中央日報とインタビューしている。

米国の韓半島専門家マイケル・グリーン、ジョージタウン大教授は「ドナルド・トランプ米国大統領が訪韓期間中に先制攻撃や予防的戦争のような強硬発言をする可能性を排除しにくい」として「これは進歩的なムン・ジェイン政府と韓米同盟に葛藤を起こしかねず憂慮される」と話した。

ジョージWブッシュ大統領当時、ホワイトハウス国家安保会議(NSC)アジア担当選任補佐官を歴任したグリーン教授は現在、国際戦略問題研究所(CSIS)の日本側上級副所長を兼任している。

グリーン教授は去る20日(現地時間)中央日報と会って「トランプ大統領の訪韓は北朝鮮を「悪の枢軸(Axis of evil)」と表現した直後2002年2月になされたブッシュ大統領の訪韓と様々な側面で似ている」として「当時もホワイトハウス内の強硬派らは非武装地帯(DMZ)で悪の枢軸や「壁(休戦ライン)を崩さなければならない」と強硬発言をすることを見送った」と回顧した。

彼はムン・ジェイン大統領に「トランプ大統領に北朝鮮の核ミサイル実験中断や韓米聨合訓練中断交渉の様な対話や包容政策を押し付けず、DMZに同行してトランプ大統領が韓米同盟や安保公約について堅固な約束をするようにしなさい」と助言した。

以下はインタビュー問答。
(中略)

-トランプ大統領の今回の訪韓の本当の目的は何だと考えるか。

「ホワイトハウスは初めには訪韓なしで日本だけ行きたかったと見る。しかし、多くの専門家たちが韓米同盟で強力な連帯を見せない場合、北朝鮮を圧迫できないと説得し訪韓日程が含まれたと聞いた。結局、訪韓の最初の目的が北朝鮮であることは明らかだ。二番目の目的は米国国民のための経済問題である韓・米自由貿易協定(FTA)改正問題だ。両国がFTA改正交渉に進展があると話せれば両国にとって最善だ。そうでなくて、訪韓期間にトランプ大統領がFTA脱退発言をすれば韓米同盟はより大きな危機を迎えることになる」

-今回のアジア歴訪の真の目的は訪日という意味なのか。

「私の話はトランプ大統領が安倍総理が好きだ、という意味だ。安倍総理は理念的にトランプ大統領とさらに近く北朝鮮問題にはるかに強硬だ。私はムン・ジェイン大統領を個人的に好きで尊敬するが、彼は非常に温和な性格だ。トランプ大統領はこれを弱気と見る。日本の場合、トランプ大統領が環太平洋経済パートナー協定(TPP)の脱退宣言後、韓国のように直ちにFTAの様な再協議をしなければならなかったり大きな摩擦を起こしかねない懸案がない。」

-ムン・ジェイン大統領に首脳会談について助言するならば。

「トランプ大統領に北朝鮮を包容すべきと言ったり北朝鮮と首脳会談をせよと説得しないで欲しい。米国はミサイル試験を凍結する代わりに韓米聨合訓練を中断するいわゆるサンジュンダン(Freeze for Freeze)交渉をしないことだ。行政府はもちろん議会も反対する。米国が北朝鮮と実務級接触をする時まで静かに待つのが良い。代わりに私はムン・ジェイン大統領がトランプ大統領と一緒にDMZを訪問して「私は特戦司令部出身」とし、韓米聨合訓練や米国の戦略資産配置やロケット技術移転などを主題に対話して「一緒に行きましょう」と話すべきだと考える。」
(後略)

ワシントン=チョン・ヒョシク特派員.

ソース:中央日報(韓国語) 「トランプ日本だけ行きたかったこと、訪韓最も大きな目的は・・・「
http://news.joins.com/article/22037719