(イメージです。)
 
1: ねこ名無し ★ 2017/10/18 03:10:08.08 ID:CAP_USER.net
韓国GMが今年も最大1兆ウォン近い損失を出す見通しだ。この4年間に累積した損失だけで3兆ウォンに達することになる。米ゼネラルモーターズ(GM)本社の「韓国撤退説」に火がついている。

16日の業界によると韓国GMの2大株主である産業銀行(持ち分率17%)とGM(77%)が2002年に結んだ株主間契約がこの日満了し、韓国GMの去就に再び関心が集まっている。

GMの資産処分など17項目に対する産業銀行の特別決議拒否権がなくなり、産業銀行はGMのどのような決定も阻止できなくなったためだ。韓国GMの累積赤字が雪だるま式に増えGMの「韓国撤退説」が現実化するのではないかとの懸念が出ている。

産業銀行関係者はこの日「韓国GMの上半期の純損失が4000億ウォン台に達するものと把握された。下半期の業績も良くなく、今年の損失規模は9000億~1兆ウォンに達するだろう」と予想した。続けて「累積赤字が3兆ウォンに達し格別の財務構造改善なくして生存を断言できない状況だ」と付け加えた。

産業銀行はこれと関連し、今年に入り数回にわたりGMに韓国GMの経営改善案をまとめるよう要求したが黙殺されたという。

富平(プピョン)、昌原(チャンウォン)、群山(クンサン)、保寧(ポリョン)の4カ所の工場にいる韓国GMの労働者は1万6000人に達する。3000社ほどの協力会社まで合わせれば利害関係者は30万人に達する。GMの撤退に備え政府レベルの対策をまとめなければならないという指摘が出ている。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

http://japanese.joins.com/article/460/234460.html