1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/17 16:08:21.75 ID:CAP_USER.net
“B.A.Pの弟グループ”TRCNG、異例の速さで日本デビュー決定!来日プロモーションも予定

韓国で、音楽・ドラマ・公演など多方面でエンターテイナーを発掘し活躍しているTSエンターテインメントから、アメリカのビルボード・ワールドアルバムチャートで韓国歴代史上初となる3度の1位を獲得という快挙を成し遂げたB.A.Pに次ぐ新人として、“TRCNG(ティーアールシーエヌジー)”という10人組ボーイズグループが、韓国で10月10日に正式デビューした。このTRCNGが、日本の大手レコード会社であるユニバーサル・ミュージック合同会社と10月初旬に契約を行い、K-POPの新人アーティストとしては異例の早さで日本でメジャーデビューすることを発表した。

このグループはメンバー全員が2000年と2001年生まれで、平均年齢16.3歳という驚異の若さの10人組のボーイズグループ。TSエンターテインメントは今年8月17日に公式SNSで、「TS NEW GENERATION」という一文とともに、シルエットで隠された10人のイメージ写真と、あどけなく見える一人の少年の写真を初公開。その後、順次メンバーの写真やプロフィールを公開し、韓国内外でこの謎の新人への大きな関心と注目を集めていた。

メンバー全員がボーカル、ラップ、驚異的なパフォーマンスをこなすなど、多彩なタレント性を兼ね備えた実力派ということで、TSエンターテインメントからデビューする次世代新人グループとして、日本でもK-POPファンとメディアの大きな関心を集めていたが、そのTRCNGが、正式な韓国デビュー前に日本の大手レコード会社であるユニバーサル・ミュージックと契約。韓国での活動実績がないにもかかわらず、日本の大手ユニバーサル・ミュージックの関係者に、その実力と音楽性を高く評価され、韓国デビュー日後すぐに日本デビューも合わせて発表されるという異例の運びとなった。

日本のユニバーサル・ミュージックの関係者は、メンバーそれぞれの強烈な個性と高い身体能力、そして何よりもメンバーの平均年齢がまだ16.3才という驚異的なフレッシュさがこのグループ最大の魅力だと、高く評価。これまで日本デビューしているK-POPグループやアーティストは、韓国でのヒットの実績から日本でのレコード契約を獲得している現状では、本国でもこれから本格的なキャリアをスタートさせる新人が、ほぼ同時期に日本のメジャーレーベルから日本デビューを果たすのは過去にも例のない、衝撃的なデビューといえるだろう。

メンバー全員が10代の10人組というグループのコンセプトに合わせて、韓国では10月10日に音源配信とCD発売で正式デビュー。今後のスケジュールは、10月10日の韓国デビューに続いて、11月には日本でもデジタルシングルを発売し、それに合わせた来日プロモーションも実施。また、韓国では11月4日に平昌(ピョンチャン) にある冬季オリンピックプラザで開催されるK-POPスターの祭典「2017 DREAM CONCERT in平昌」に、防弾少年団などの豪華アーティスト陣と共に、新人グループながらTRCNGの出演も早くも確定している。

グループ名のTRCNGとは、“Teen Rising Champion in a New Generation”の略で、「新しい時代に浮上する10代たちのチャンピオン」という意味の頭文字から取られたもの。10代の新世代の少年たちが世界の頂点を目指すという強い意志が込められている。

また韓国と日本でのデビュー曲となる「ドント・ストップ・ザ・ダンシング」は、イギリスの人気プロデューサーであるキャメロン・ウォレンが手掛けた作品。すでに日本語バージョンのレコーディングも終了している。そして、2018年の年明け早々には、日本でのCD発売も決定。この日本でのデビューCDの発売に合わせた大規模なプロモーションが早くも予定されている。

以下ソース

ソース:Kstyle 2017年10月17日11時22分
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2080265