(イメージです。)
 
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/10 18:15:57.95 ID:CAP_USER.net
韓中通貨スワップ満期日...中国の専門家「重要だが必要ではない」

http://image.edaily.co.kr/images/photo/files/NP/S/2017/10/PS17101001021.jpg
バイミン中国商務部国際貿易経済協力研究院副所長

韓国と中国の通貨スワップ協定の満期が迫った時点で、中国商務部の関係者は、実効性に疑問を提起する発言をして注目を集めている。

バイミン(白明)中国商務部国際貿易経済協力研究院国際市場研究所ブソジャンヌン10日、中国官営メディア環球時報とのインタビューで、「中国はすでに30以上の国と地域と通貨スワップ協定を締結したが、実際に稼働したことは多くない」、「韓中経済の状況を見たとき、稼働する必要はない」と述べた。

通貨スワップは外貨不足の危機に見舞われた時、異なる通貨をあらかじめ約定した為替レートに基づいて交換(swap)する外国為替取引である。韓中通貨スワップの場合、中国人民元を韓国が受ける代わりに、韓国ウォンを与えるものである。韓国はそうして得た人民元を持って、国際決済することができる。

韓国と中国は2009年に260億ドル規模の通貨スワップ契約を初めて締結し、2011年にその規模を560億ドルに拡大した。以後、2014年10月に契約を3年間延長した。この韓中通貨スワップは、10日の深夜に満期を迎えることになる。

韓国の金融当局と人民銀行は通貨スワップの満期延長交渉を開始したが、現在、結論を出せない状態だ。環球時報はサード(THAAD・高高度ミサイル防衛システム)の影響で延長協議が順調でなく、これによって韓国の外国為替の安定性に否定的な影響を与える可能性があるという指摘が出ていると伝えた。

バイ副所長は「中国の貿易と金融の交流において、韓国は非常に重要だ」と言いながらも、「韓国は重要な要素のうちの一分子であるだけで、韓国は分母である中国の重要性がますます大きくなっていることを自覚すべきだ」と主張した。

さらに彼は「中韓両国の現在の経済状況から見て、通貨スワップが延長されないとしても、すぐに現実的な被害をもたらすわけではない」と付け加えた。

ソース:イーデイリー 2017.10.10 17:09(韓国語)
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JA41&newsid=03758886616091608&DCD=A00104&OutLnkChk=Y