(イメージです。)
 
1: HONEY MILKφ ★ 2017/10/03 10:52:41.65 ID:CAP_USER.net
アメリカ・ネバダ州・ラスベガス管轄の在外公館であるロサンゼルス(LA)総領事館は、ラスベガスで起きた米国史上最悪の銃乱射事件と関連して2日未明(現地時間)、「現在、連絡が取れない韓人旅行客が10人余り程いる」と明らかにした。

総領事館の関係者は、「一晩で100人以上の韓国人旅行客の身の安全が確認されたが、まだ連絡が取れない旅行客が一部おる」と、このように話した。

先立ってLA総領事館は、「外交部本部と在外公館が事件発生と同時に現地領事協力員、韓人会などを通じて我が国民の被害有無を把握していて、現在まで確認された韓人の被害はない」と明らかにしている。

LA総領事館は、「我が国民の被害有無を継続して確認し、安全確保を期して行く予定だ」と話した。

ソーシャルメディアには、ラスベガスのストリップ地域に宿泊している韓人観光客がマンダレイ・ベイホテルで銃撃事件が発生した直後、警察の統制で避難したり近隣ホテルの客室で状況を見守っているという書き込みがあった。

一部の韓人観光客は、ラスベガス・マッカラン国際空港で航空機の出・到着規制で足止めされていたが、現在は航空便が正常運航されている。

ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=011&aid=0003124523