(イメージです。)
 
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/10/01 16:43:03.69 ID:CAP_USER.net
2017年9月17日、韓国日報によると、韓国の微小粒子状物質PM 2.5濃度が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で不動の1位を記録していることが分かった。

17日、OECDが公開したデータによると、2015年の韓国のPM 2.5の濃度は1立方メートル当たり32.0マイクログラムで、OECD 35カ国の中で最も高い数値を記録した。

韓国は1998年の初調査の後、2015年までに17回(14年を除く)行われた調査で、12回が1位だった。特に2000年から09年までの10年間は連続1位という不名誉な記録を残した。

韓国のPM 2.5の濃度は、15年のOECD加盟国平均(13.7マイクログラム)の2.3倍水準で、2位ポーランド(23.4マイクログラム)より8.6マイクログラムも多い。比較的PM2.5の濃度が低い国はアイスランド(2.9マイクログラム)、ノルウェー(4.4マイクログラム)、ニュージーランド(5.0マイクログラム)などだった。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは
 
「中国発の汚染の影響が大きいんじゃないのか?」
「中国のせいで被害が大きい」
「外交部は、大気汚染の中国側責任を問い、抗議しろ」
「中国によるPM2.5攻撃」
 
など、中国への責任を問う声が多く寄せられた。


また、
 
「まったく。OECD加盟国の中で悪いことはことごとく1位だ」
「自殺率もOECD1位だしな」
「中国をOECDに加盟させて、ワースト1記録を返上しよう」
 
など、OECDに関連した比較に言及する声もみられた。
 
(翻訳・編集/三田)

 
http://www.recordchina.co.jp/b188868-s0-c30.html