1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/10/01 16:54:17.37 ID:CAP_USER.net
2018年平昌五輪とパラリンピックの開閉会式が行われる韓国北東部、平昌の「オリンピックプラザ」が30日、完成した。五角形の外観が特徴で、3万5千人分の観客席を備える。

これまで五輪の開閉会式は競技場で行われてきたのに対し、五輪組織委員会は「五輪史上初めて行事専用の施設になる」としている。

工事の遅れも指摘されてきたが、2015年12月の着工から約1年10カ月で完工した。総工費は約1200億ウォン(約117億円)。五角形は、平昌五輪が掲げる「文化」や「環境」「平和」といった目標を象徴している。大会後は公演場として活用する予定だという。

競技場などハード面での準備が着々と進む中、最新の世論調査で五輪に関心があるとの回答が39・9%、競技場で直接観戦するとの答えが7・1%にとどまるなど、国民の関心の低迷に悩まされている。
 
(ソウル 桜井紀雄)

 
http://www.sankei.com/world/news/170930/wor1709300027-n1.html


韓国・平昌に建設された平昌冬季五輪の開閉会式場(大会組織委員会提供・共同)
 

韓国・平昌に建設された平昌冬季五輪の開閉会式場=6月29日撮影(AP)
 

韓国・平昌に建設された平昌冬季五輪の開閉会式場=9月19日撮影(大会組織委員会提供・AP)