(動画からです。)
 
1: 名無しさん@涙目です。 ID:???

米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は28日、北朝鮮西部・南浦の海軍造船所にある潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験用の発射台で、何らかの作業が行われていると発表した。

 21日に撮影された衛星画像では、発射台の一部が防水シートのようなもので覆われ、クレーンを使った作業が行われている様子が確認された。

発射実験の準備なのか、発射台の改造ないし解体が目的なのかは不明という。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2017092900266&g=prk
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-09-29 11:15です。

「北南浦造船所、SLBM準備運動継続 "/ YTN
2017/09/28に公開
 
北朝鮮西海岸の平安南道南浦海軍造船所で潜水艦発射弾道ミサイル、SLBM水中発射試験と推定されるはしけの工事が進んでいる様子が取れました。

米国の北朝鮮専門メディア'38ノース」は、1日と21日に撮影された衛星写真を公開し、南浦はしけの位置は、4月と同じだが、東のクレーンが戻っており、はしけの上ではまだ工事が進行中であると明らかにした。

続いて、「北朝鮮が南浦造船所で2次SLBM試験台を続け稼動していることを示している」と分析した。

また、「北朝鮮が第二の船を確保しようとする意図と、現在進行中の作業の目的は、明らかではない」とし、西海岸までSLBM試験・開発プログラムを拡張するために、最近確保したはしけを改造したものであることができると説明しました。

キム・ジョンウク[jwkim@ytn.co.kr]