(イメージです。)
 
1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/09/29 08:51:06.67 ID:CAP_USER.net
インドネシア、KF-Xの分担金期限内納付に難色...支障の恐れ

[アンカー]

韓国軍は、8兆ウォンを超える資金を投入してKF-X、すなわち韓国型戦闘機開発事業を進めています。ところが協力国であるインドネシアが開発コストの20%を負担することになっているが、最近、今年の分担金を期限内に納めることが難しいという立場を伝えてきたことが確認された。開発に支障が生じたり、我々の予算が投入されかねないという懸念が出てきています。

[記者]

KF-X事業は空軍の老朽機種に代わる戦闘機を独自開発する事業です。

8兆ウォン以上を投入して2026年までに120台を生産する計画です。

この事業を受注した韓国航空宇宙産業、つまりKAIはインドネシアと事業を進行中です。

インドネシアが総事業費の約20%を順次出して、完成した戦闘機1台を受け取る条件です。

ところがインドネシアは最近、「今年10月末までに納付予定の1380億ウォンが予算案に反映されなかった」という立場を伝えてきました。

期限内の納付は難しいでしょう。

軍は年末までも受けるという立場だが、KAIは非常に急を要している。

最近、不正疑惑のために経営難に陥っているうえに、年末までに企業手形2900億ウォンを返済しなければならない。

最先端の技術開発には、タイムリーな資金調達が重要なKAIの現状を考慮すると、分担金の滞納は事業に致命的です。

[キム・ジョンデ/正義党議員:
緻密に管理されていないからシステム開発を始めてから2年もたたないうちに、国際協力協調体制が瓦解の危機に瀕したのです。]


このような内容は最近、大統領府にも報告され、政府が対策を検討していることが知られています。

ソース:JTBCニュース 2017-09-27 21:30(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=437&aid=0000164176
 
=管理人補足=
当該動画です。
タイトルはgoogle翻訳です。
 

[単体]インドネシア、KF-X分金募金/JTBCニュース
2017/09/27に公開